悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。 3巻 (ZERO-SUMコミックス)

  • 一迅社
4.71
  • (13)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 213
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758037037

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジルベール宰相編おしまい。剣盾コンビの「強くなんだろ 俺とお前で」のシーンがたまらない。アーサーはプライドの騎士だもの。ジルベール、マリアとおしあわせに。番外編のジルベール視点からのステイルというのもいいね。

  • テンポよく話が進んでよいなぁ。
    3巻は最初から何かと不穏な動きの多かったジルベール宰相の話。
    婚約してから13年結婚してなかったってのは、巻末の小説を読むまでよくわからんかったな。

  • たくさん悪役令嬢、異世界、転生、ざまぁ系を読んでる中で一番好きなシリーズ。
    最強最悪外道ラスボスなんて、誇張ではなく本当にプライドの悪役非道ぶりはひどい。転生プライドは努力と決断力と皆の協力で乗り切っていきます。
    決断が良かったのか人間らしく悩みながら…。
    今回は宰相ジルベールの話。彼の不遇は同情する。だからこそあの能力者が…まさかあんな…。
    本当にストーリーと言葉選びが秀逸なこの作品は原作も読みたくなってきてます。でもまずはマンガ版を読んで欲しい。ラスボスプライドや転生プライドに惹かれること間違いありません。

  • ママの番外編で泣いてしまったよ
    まだその可能性あるの…?

  • ジルベールの巻。そして次は褐色な彼のターンっすね!楽しみ♪ さて。わー悪いジルベールだー、ハハッ、ステイルがかわいくみえるぐらいの腹黒さだーとニヤニヤしちゃったよ。それもこれも愛するマリアンヌのためだものね。で、マリアも事情は説明してもらっただろうけど、いいの?ねぇ、いいの、そんな過去持つジルベールで!(笑)年齢操作って見た目だけでなく、体の中身(内蔵や細胞とかは)もできる?さすがに長年使えば臓器もそれなりに痛みそうではあるんだけど。プライドへの誓い、ブーツ脱いだとき臭い、はしませんよね、王女殿下だしね!

全5件中 1 - 5件を表示

松浦ぶんこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×