秋津楓はアたらない! (一迅社文庫)

著者 :
制作 : きみしま 青 
  • 一迅社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758041805

作品紹介・あらすじ

50年前-、所有者の願いを思わぬ形で叶えてしまう魔法の石が砕け散って以来、超常現象と不思議な事件が頻発するようになってしまった町「神座」。現代に生きる美少女魔術師「秋津楓」は平凡な高校生活を送りながら、町で起きた魔法石絡みの事件を解決し、砕けた石の欠片を回収するため、相棒のオカルトマニア「縞井芳助」と日々暗躍する。今日の事件は心霊現象?殺人ウサギ?はたまたUFO?オカルト、SF、UMA、なんでもござれ。学園魔法ラブコメディ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んでいてジーンとする場面もありました。
    最後のあとがきがひどいですが(笑)共感しました。

  • 9784758041805 286p 2010・10・1 初版
    〇画は非常に好み。
    △キャラの性格は画によく合っている。内容は良かったと思う。惜しいのは1巻にまとめすぎたこと。話をもっと伸ばしてほしかった。

  • 50年前に願いを叶える魔法の石が砕け散って以来

    超常現象が頻発するようになった町を舞台に

    美少女魔法使いの秋津楓が

    石の欠片を回収するために

    超常現象を解決していく愛と勇気の物語.

    まぁ,愛と勇気は置いておいて,そういう話です.


    しかし,超常現象が頻発してたらそれはもう通常現象じゃないのか?

    とか.

    砕けた石の欠片を集めるとか,「四魂の玉」みたいだな.

    とか.


    うーん,それなり.

    悪くはないんだけど好みじゃない.

    そんな感じ?

    3点.

  • 悪くない設定と進み方。ただタイトルとの関係性がわからない

全4件中 1 - 4件を表示

西村悠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする