茨姫は嘘をつく。 (一迅社文庫アイリス)

著者 :
制作 : くまの 柚子 
  • 一迅社
3.18
  • (1)
  • (8)
  • (15)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :65
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758042208

作品紹介・あらすじ

砂漠の民の花嫁の衣は、朝焼けの空の薔薇色。神に愛されし娘は特別な力を持つ-。婚礼に向かう花嫁一行を護衛するはずが、身代わりの花嫁を護衛することになってしまった傭兵・セルツァ。護衛する内に、花嫁・ディンドゥルの従者・ティサが少女でありながら、男の振りをしていることに気付いてしまい…!?何者にも囚われなかった青年が一途な瞳に囚われたとき、止まっていた時が動き始める。花嫁とその従者、傭兵が織りなす運命の恋。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ二作目。
    前半部分は前巻のカップルのその後が描かれているので、今回の主人公ティサとのエピソードが少ないのが残念。
    恋愛感情に至るまでが早いので、ちょっと唐突な感じがしました。

  • 「宝石姫は微笑まない。」の続編にあたるのですが、1冊っていうのは無理があったんじゃないかなぁって思いました。

    前作のファーラとダリオンが出て来たのはうれしいのですが、セルツァの気配りでせっかく二人きりになったというのに、その後どうなったかの記載がなく、せっかくなのにダリオンやファーラのいちゃつきぶりが見たかったです。

    今作の主人公にあたるティサですが、植物に関する異能があったのに、それが出て来たのは一瞬。砂漠の巫女姫だったっていう過去もそれほど関係しなかったので、あの設定はいったのかなぁって思いました。

    ちょっと物足りない1冊でした。

  • 主人公視点が少ないものの途中までは面白かった。

    のに。

    後半主人公が相手役を好きになるのが唐突すぎやしないか…。特殊能力を主人公が持っている意味もほとんどないし…。

    微妙だなぁと思うと、主人公と関らないんだから、
    相手役の相棒たちを出す意味も無いよなぁと…。
    相手役の性格の説明にしても、むしろお前主人公なんじゃね?という章の長さ。
    主人公よか全然長いって…そして主人公サイドより面白いって…!

    主人公へ感情移入もしにくいし…。おっさんもいる意味ほとんどないし…サービスシーンのイラストの意味がわかんないし…。
    最近無駄にキャラ多く出す小説ばっかりだなぁ…。

  • 宝石姫はほほえまない、からこっちの騎士さんのが好みだなーと思って楽しみにしてたんだけど、ちょっぴり消化不良。いつ二人がお互いを好きになったのかいまいち納得がいかなかった。もったいないなー

  • 何となく微妙に中途半端と言うか、二人が惹かれ合う理由が今ひとつよくわからないまま終わってしまった気がする。いや、全くわからないってわけじゃないんだけど、それで最後の約束まで持って行くのはちょっと強引かなーという印象。
    数冊かけてあのラストに持って行くべきだったんじゃないかな。

全8件中 1 - 8件を表示

本宮ことはの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

茨姫は嘘をつく。 (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

ツイートする