恋する人魚姫と3つの鍵 (一迅社文庫アイリス)

制作 : 榊 空也 
  • 一迅社
3.68
  • (4)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 42
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758042505

作品紹介・あらすじ

人魚の血をひく候爵家令嬢ローザの運命の王子様は、帝国の第3王子アシュレイ。婚約披露を兼ねた仮面舞踏会で、ローザは至宝の魔力を被り3ヵ月の記憶を失ってしまう。彼との思い出を取り戻そうとするローザだったが、すれ違いから離宮を飛び出してしまい-!?傷ついたローザに、人魚族の王子様シェールフェルトは一途な愛を捧げ、そこに海賊王ユリウスまで絡んできて…!?恋する人魚姫が最後に選ぶ王子様は?人気作待望の第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シェールが不憫過ぎる。。物凄くいい子じゃないの。17歳ってのがネックではあるけど。でも、ヒロインの幸せは自分が身を引くこととわかってる分、彼の方が大人なのかも、、、いやいや、シェールもヒロインも言動がお子ちゃまだわよ。で、ユリウスがヒロインにそこまで熱を上げるのは不自然なのよね〜お宝目当てでなく、ヒロインってのがさ。レオンが壊れてしまいませんように!

  • ゴールデンシーの至宝のせいでここ三ヶ月の記憶を失ってしまったローザ。
    その上、父王により勝手に政略結婚を決められてしまうアシュレイ。

    アシュレイのことを忘れてしまったローザには、当然のごとくシェールが近づいてくる。

    すれちがい破局寸前の二人だが、グレゴリーのナイスなアシストが。

  • シリーズ4作目

全3件中 1 - 3件を表示

恋する人魚姫と3つの鍵 (一迅社文庫アイリス)のその他の作品

尾久山ゆうかの作品

ツイートする