パンツブレイカーG (一迅社文庫)

著者 : 神尾丈治
制作 : 丸ちゃん。 
  • 一迅社 (2012年5月19日発売)
3.76
  • (4)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758043212

作品紹介・あらすじ

影那を狙った敵対組織の襲撃を"パンツブレイカー"の秘められた力を解放し阻止した正幸。学園に平穏を取り戻したかに思えたが、正幸に敵意を剥き出しにする少女・野田雨音が現れる。そんなおり、"パンツブレイカー"の研究のため、影那が南の島での実験を兼ねた旅行に誘ってきて…。ノーパン異能学園ラブコメまさかの第2弾。

パンツブレイカーG (一迅社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ノーパン異能学園ラブコメ,まさかの第二弾.
    いや,まさか続編が出るとは.
    2ではなくGなのはなんとなく怪物狩人シリーズ的なアレじゃないかと.

    周囲2メートルの範囲内のパンツを問答無用で消し去る能力を持つ少年.
    本人はもちろん効果範囲内にいるので常にノーパン.
    接近する女子もノーパンに.

    ほんとなんで2冊目出ちゃったんでしょうかね.
    いや,面白かったんだけど.

  • まさかの続編。美幸の兄・正幸に対する絶大な信頼に共感できず。絶対だと信じられるほど、この兄妹は何を見てきたのだろう。

  • Gの意味は分からないが世にパンツブレイカーが2巻までしか出ていないということが、現代SFの衰退を如実に表しているのではないか。衰退してるのかどうか知らないけど。

    羊の皮を被った狼は皮がかぶったちんこと同義となっていることが問題なのであり、パンツブレイカーになればちんこの皮が向けるほどにいきり立つと思われるので、これによって世界平和が保たれるのだ! というような気にさせられる作品だった。3巻目出ないんだよねぇ・・・

  • おバカなことをかっこよく描こうとしているのはいいだけど...主人公のカッコつけが、イラついて、流れがとまってしまう...

  • よい妹です。続きが出ると嬉しい。

  • おバカな異能エロコメだと思って舐めてかかって返り討ちに遭う異能悲劇ラブコメ第2巻。いや、あとがきで作者さんもおっしゃられてるけど、1巻読んで面白さに心酔し続刊を激しく希望したファンとしても、正直2巻出ると思ってなかったw なので、ホントにとても嬉しい。一迅社文庫最高や!!! 一迅社文庫様、3巻もお願いします!!!

全6件中 1 - 6件を表示

パンツブレイカーG (一迅社文庫)のその他の作品

神尾丈治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

パンツブレイカーG (一迅社文庫)はこんな本です

ツイートする