銀狼王の求婚 箱庭の花嫁 (一迅社文庫アイリス)

著者 :
制作 : Ciel 
  • 一迅社
3.37
  • (4)
  • (9)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 67
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758043403

作品紹介・あらすじ

エレンシア姫が求婚されたのは、忌み神を宿したと恐れられている、美しく冷酷な王・フレドリクセンだった。けれど、エレンシアにとって彼は、厳しくも優しい初恋の相手。幸せな結婚を夢見るエレンシアだったが、フレドリクセンは力に翻弄され、恐ろしい銀狼王になっていた!彼の『生贄の花嫁』となったエレンシアは、元に戻って欲しいと奮闘するが…。忌み神に蝕まれた孤独で強大な王と、閉ざされた箱庭の姫の心の行方は-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北欧神話も好きだし、元気な女の子も好きだし、ちょっと残念な男の子も好きですが、なんかもの足りない。

    登場人物が多くて、1冊で終わらせるには説明不足な部分があったからかも?

  • 神の生贄として力に蝕まれた王と、男嫌いな姫の物語。
    神を含めたストーリー展開は良かったです。
    ただ、男性陣がそれぞれに癖が強く、好きになれないタイプばかりで、嫌な気持ちに。

  • 全巻読破したので、総評として

    死神姫の再婚の作者と知り、手にとってみた作品。

    なんだかんだで一番男前な主人公。
    神様総出演で、結果強いのは鬼嫁という話(笑)

    最終巻とかのあらすじ内容が、
    半分読んでも出てこないという荒業を
    使った編集さんにびっくり。
    まだ、ネタが来ないのかと、枚数たりるのかと、
    読者ながらに心配になりました。

    この作者さんはコメディ書かせた方が
    面白いじゃないかな。
    もしくは何気ない日常。

    物語の解決より何かが起こる前の
    日常の様子の方が楽しく読めるので…。

  • 表紙の甘い感じとは違って意外とシリアス。

    銀狼王の苦悩もわかるけれど、ちょっと感情移入しにくいところがある。
    一巻目というせいか、登場人物全体にキャラが定まらず、どっちつかずと感じさせられる部分も。
    最後のところが、ちょっと唐突のような気がする。
    神話をもってくるのなら、途中でもっと触れられていた方が、楽しめたかも。
    しかし、小野上さんの作品だから、次巻以降に期待したい。

  • 「死神姫の再婚」の小野上さんの作品ということで買ってみましたが、結構シリアスでした。

    国を守るために身体に魔狼フェンリルを宿したフレドリクセンと過去に結婚の約束をしたエレンシア姫。お姫様なのに、父王にも顧みられず、兄王子たちからはいじめられていたエレンシアが、初恋の人と結婚できることとなり、大喜びだったのに、途中で攫われるし、助けに来たフレドリクセンは冷酷で残酷な人になってて、かなりかわいそうです。

    そのあとも全然優しい言葉一つかけてもらえないし、乱暴なところばかりが目について、初恋に憧れていた日々を過去のものとして、割り切っちゃったときは、ちょっと切なかったです。

    途中からまともな王に戻ったのに、フレドリクセンからは双子の弟であるヴィルフレドとの結婚を勧められるし、義理の弟としか見えないヴィルフレドは断っても求婚してくるし、客分だったはずのステビアもこっそり求婚してきたり、実の兄は本気でエレンシアを妻にしようとしているしで、エレンシアの男運はなさ過ぎです。

    最後にはフレドリクセンはエレンシアを助けに来てくれたし、仲はちょっとだけよくなったかなって思いますけど、意外と童貞さんだったみたいで、初夜のフレドリクセンがどこまで優位を保てるのか興味あります。

    なんとなく初めの頃のカシュバーン様を思い出して、次巻も続いてフレドリクセンが意外としっかりもののエレンシアを好きすぎて壊れていくのがみたいかなって思いました。

  • 初恋の相手・フレドリクセンに求婚され喜色満面のエレンシア姫。しかし、フレドリクセンは忌み神フェンリルをその身に宿した冷酷な銀狼王になっていた。エレンシアは彼に戻そうと奮闘するが……。

    死神姫からコメディ要素を抜き取ったような話。ヒロインのエレンシアはお姫様らしいお姫様です。好きな人のために頑張る健気な子ですね。男運はなさすぎだけど(笑)不幸すぎて泣けてくるわ…。ヒーローのフレドリクセンも優しいのに冷酷だし、まるで死神姫の1巻のカシュヴァーンのよう。だけど、本当はピュアなのにね(笑)

    登場人物も多めだし、ラストは北欧神話も出てきたりと結構詰め込まれていて、読んでてちょっと疲れた感じもしました。
    続きもありそうな感じですが、もしあるならもう少し恋愛要素を入れて欲しい。

  • 死神姫よりもシリアスさが強い感じで、私はこちらの方が好きだった。死神姫はコメディ寄りすぎて挫折したクチなので・・・
    続きが出るかはわからないけど、出れば多分買うと思う。

  • コメディ成分がなくなった「死神姫」みたいな。たいへんシリアスだった。こちらの旦那様にも残念フラグが物凄く見えるのだけど、なんだかんだで発揮されなかったのが残念。

全8件中 1 - 8件を表示

銀狼王の求婚 箱庭の花嫁 (一迅社文庫アイリス)のその他の作品

小野上明夜の作品

ツイートする