この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 4 (一迅社文庫)

著者 :
制作 : 美弥月 いつか 
  • 一迅社
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758043441

作品紹介・あらすじ

涼の窮地を救うため、宇宙そして異世界からスイーフィーア、サラ、シグ=リリンたちが集結する。しかし、とき既に遅く涼は長野聖に誘拐されていた。涼たちの周囲を暗躍する謎の邪眼使い、長野聖、そして涼の宿敵ファルス・アクターの影。混沌とした状況の中、涼たちは敵の罠から脱することができるのか?!再び世界破滅の危機てんこ盛りな川口士の幼の作品、緊迫の第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ステレオタイプ・パワープレイのリメイク。原作はもう何年も前に読んだ。
    この4巻は、原作の2巻の後半に相当する。
    前作では究極の魔道武器や宇宙の超兵器を駆使して獅子奮迅の活躍を見せた主人公だが、今回は武器からしてしょぼい。
    戦闘アンドロイド(ガイノイド)の予備の腕部とか・・・。しょっぱすぎる。( ゚д゚)
    状況に応じて一時的に手元にあったパーツを使いこなすとかならともかく、ほとんど最初から最後までメイン装備がアンドロイドの予備パーツって・・・。
    ところで、前作であまり活躍しなかった愛深が今回は偉く目立っていた。
    ヒロイン交代か?と感じるほど。
    あと、原作から追加されたと思しきシーンもいくつかあった。
    はっきり覚えていないが、正室とか側室とか言い出すエピソードは原作意はなかったんじゃなかろうか。
    イビルアイズのその後も、原作とは違うものになっている。

    最後に、やっぱりイラストは原作の「ぴと」氏のもののほうが好みだったなぁ。

  • これにて完結。各キャラクターを掘り下げないところが、ステレオタイプパワープレー。全部やるというところが新しかったなあ

全2件中 1 - 2件を表示

川口士の作品

ツイートする