呪われ王子と森の魔女 (一迅社文庫アイリス)

著者 :
制作 : 鏑家 エンタ 
  • 一迅社
3.79
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758043823

作品紹介・あらすじ

森で暮らす偉大な「白魔女」の名を継いだものの、実力不足に悩む少女・ユウェナリア。ある日、彼女の前に現れたのは、呪いをかけられてしまった絶世の美女・エリスだった。森を訪れた彼女の願いは、魔術による解呪で「美女」から「王子」に戻ること!?美女になってしまった王子・エリスを助けるため、新米白魔女・ユウェナリアは奔走するが、呪いを解くのはあまりにも難しくて…。王子と魔女が織りなす解呪ラブファンタジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 純真な主人公と、口が悪いけど礼儀正しく優しい王子との恋愛がとても可愛い。
    全体的に綺麗に纏まってます。

  • 前のほうから魔術師の正体が分かってた(口調がシルクっぽいので)のでネタはばれてたんだけど、逆に答えを最後の最後まで持っていくので「そこを確かめなければ…!」という気持ちになって全部読んだ。◆アドリアナの容姿をずっと口絵の黒髪美女と勘違いしてて「こういう清楚な美女が腹黒いなんて、私好みだ!」って思ってたら、挿絵では意地悪そうな女だったのでこのときは「挿絵要らない(想像が壊されるから)」って思った。

  • 呪われて巨乳美女にされた第三王子のエリス・エスタシオ・イーダ・クラウルスと、白魔女と呼ばれる15歳のナリアが解呪を頑張る話。
    イラストが答えを語りすぎるし、ラスボス魔術師との関係もまるわかりで残念。ろくに登場しない兄王子たちとかに興味覚えてしまいます。

  • ものすごーく読みやすかった。文章の流れ、作りが上手なのかな。話は呪いで女性にされた王子とその呪いを解いてほしいと依頼された白魔女ちゃん。この王子、美貌なのに軍属のせいか男っぽい。但しはちきれんばかりの乳だけど(笑)白魔女ちゃんは森から出たことない子だけど、何事にも一生懸命で好感度大!魔術師も子どものようなイタズラから国同士の戦いを招くような呪いまで仕掛けるんだけど、なんだか憎めないわ。王子家族も楽しいし、王子には兄2人いるしで、これスピンオフ出ないかなぁと期待してしまう。

  • 脳筋残念王子は結構好みでした。

  • 森の奥に住む彼女を知るうちに守りたいと思うようになる彼の気持ちや、彼を助けたいと必至に頑張るナリアが可愛らしいお話だった
    魔法をかけた意地悪な魔術師の<宵闇>もナリアを守ろうとしていると知るエリス。
    呪いをかけた魔術師に、複雑な感情がまじりむかっ腹で、啖呵を切ってくれて楽しい反応。
    外観は絶世美女でも、妙な聖女に横恋慕され辟易し、好きな女にヤキモキしている彼にニマニマした

    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-2727.html

  • 面白かったよ……面白かったんだけど、展開が読めます。表紙のイラスト見たら分かってしまうよ(笑)彼女や彼の正体とか呪いの解き方とか。なのでそこらへんちょっと残念(-_-;)イラスト綺麗なのに…。
    エリスがいい感じです!あぁいう王子様もいいよね♪美形ですし。続編出ないかなぁ~。あの人が黙ってないだろうし。ちょいちょい、ちょっかいかけてきそう(笑)
    オチが読めてしまうことを除けば、それなりに楽しめるお話かと…。続編出たら買いますけどね♪

全7件中 1 - 7件を表示

深月織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする