銀嶺の巫女 蒼天を駆けるもの (一迅社文庫アイリス)

著者 :
  • 一迅社
3.44
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758045223

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前作はそこそこによかったけど、今回は微妙だなぁ……。続かせる意味があったの?

  • 第二弾ということで、楽しみにしていたのだが、ノレなかったな。
    解放された神の話に終止して、恋愛面はぱっとしなかった。
    榧と焔のラブ面を楽しみにしていたので、残念に感じてしまったが、ラブ面を重視しないファンタジーファンなら楽しめるかもしれない。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3679.html

  • 守ってあげたい系女子を、俺は推す。焔の心情に完全に同意出来る・・・榧可愛い・・・
    俺の好みに照らし合わせると、最近のヒロインは強すぎる。これも時代の流れなのか・・・

    続きがあればぜひ読みたいが、次回作は未定らしい。まあ前後編で完結してると言えばしてるし、無理に続けても仕方ありませんしね。出たら嬉しい、程度の期待に留めておく。
    でも友達に布教はしておこう、うん。アンケートとか挟まってたら送ったんだけどなぁ。

全3件中 1 - 3件を表示

森崎朝香の作品

ツイートする
×