聖煉の剣姫と墜ちた竜の帝国 (一迅社文庫)

著者 : 瀬尾つかさ
制作 : 美弥月 いつか 
  • 一迅社 (2014年6月20日発売)
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758045674

作品紹介・あらすじ

魔王が60年周期で赤い月からやってくる。人間と竜、妖精、そしてエルフやドワーフといった多種多様な種族は、強大なちからを持つ竜を中心に戦い、都度、魔王を討ち果たした。しかし60年前、魔王は現れず、共通の敵を失った人々は互いに争い、いくつもの国が滅びた。それから60年。豊かな自然に囲まれた辺境の町に住む狩人の少年グレイのもとに、浮遊機動島ネクサス・シティにある賢者の学院から一人の少女が現れた。少女の名はアリシア。賢者の学院に留学したグレイの妹フィーネが失踪したこと、各地に伝わる遺跡や聖遺物を彼女が破壊している疑いがあり真偽を問うべく、フィーネを追いこの地にやってきたという。魔の森、その奥深くにある遺跡へ向かったというフィーネを追い、アリシアとともに旅立ったグレイは、かつてないほど殺気立つ魔物の群れ、そして自らの血に隠された秘密を知る-アリシアとグレイを待つ運命とは、そして赤い月からやってくる魔王とは-

聖煉の剣姫と墜ちた竜の帝国 (一迅社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新本格でハイファンタジーだそうです.

    剣で魔法で魔獣で妖精ですよ.
    60年に1度の周期で襲来する魔王.
    その為に竜と協力体制を.
    ところが120年前を最後に魔王が来ていない.
    60年前に魔王襲来に備えてたけど
    今回来なかったからもう来ないんじゃね?
    と思考停止した民衆.
    魔王退治の時は戦力として期待してたけど
    魔王が来ないんならもう用済みだとばかりに
    処理されちゃった竜.
    ところが最近不穏な気配が….
    そんな感じで.

    あ,あと狩人の妹が学園から疾走して各地で事件を起こしているらしい?

    そこそこ面白かったよ.

    備えないの馬鹿だなぁ,と思うけど
    200年に1度の大地震とか,あんまり警戒しないよな.
    もちろん他にも地震はあるから
    地震全般に対しては耐震とか免震とか用意するけど
    あの地震一本に的を絞って備えよと言われても
    本気で備えるのは少数派な気がするわ.
    前回ここまで津波が来たからコレより下は
    波に飲まれる危険性があるって語ってたのに
    結局何時来るかわからない津波に備えるより
    今日明日の利便性を取って
    海岸に街を作ってるんだもんな.
    ニンゲンってそういうものだよ.

全1件中 1 - 1件を表示

瀬尾つかさの作品

聖煉の剣姫と墜ちた竜の帝国 (一迅社文庫)はこんな本です

ツイートする