深き迷宮と蒼の勇者 -銀閃の戦乙女と封門の姫外伝 (一迅社文庫)

著者 :
制作 : 美弥月 いつか 
  • 一迅社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758045957

作品紹介・あらすじ

異世界クァント=タンで繰り広げられたすべてを滅ぼす凶生物ゼノとの死闘。ゼノとの戦いはもっと前から始まっていた。エアリア界の魔法を操る少年、法鷹和馬は勇者の血統をもつ青髪の少女あかり・クラインと出会い、迷宮の中で発見された和馬の記憶喪失の妹エーリエとともに深き迷宮、その最深部を目指し攻略に挑んでいた。数多の魔物が闊歩する迷宮の奥底に潜む陰謀と、世界を滅ぼす災厄の正体とは?!『銀閃の戦乙女と封門の姫』の前日譚『放課後ランダムダンジョン』が、加筆のうえ装いも新たに再登場!瀬尾つかさ書き下ろし、『銀閃の戦乙女と封門の姫』の後日談となる物語も収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 銀閃読了後、外伝と銘打たれていたので手に取ってみました。一応、『魔導書』『銀閃』と読んできたけど、それなりに前のことなので再読してみたい気になった。ダンジョン探索系と思いきや、中盤から一気に物語が加速していきました。元々1冊の作品を加筆修正版らしいけど、数冊に分けてもよさそうな設定にも思えた。若干詰め込んだ感もあったので。『銀閃』の後日談もあってお得感。梨花さんは完全にラスボスの貫録がついてますね…(笑)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

第十七回富士見ファンタジア長編小説大賞審査員賞受賞。『琥珀の心臓』でデビュー。近作は『聖煉の剣姫と墜ちた竜の帝国』一迅社文庫、『約束の方舟』ハヤカワJA等。

「2017年 『ワールド・イズ・コンティニュー2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬尾つかさの作品

深き迷宮と蒼の勇者 -銀閃の戦乙女と封門の姫外伝 (一迅社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする