路地裏の精霊姫 (一迅社文庫アイリス)

著者 :
制作 : まち 
  • 一迅社
3.29
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758046503

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 精霊が視える、宝石職人見習い主人公。
    ある日帰宅途中にて、青年を拾った。

    拾った青年は大食らいだわ、一緒にいる精霊は
    甘いものに目がないわ…。
    お金をもらっても、どこまで浮かせられるか、が
    腕の見せ所かもしれません?w

    行方不明になった兄弟子に、謎の美女に拾った青年。
    どうなるのか、も分かりませんが、背後が謎なのが
    多すぎて、敵なのか味方なのか、どうしたいのか
    さっぱり行動が読めません。
    起承転結、の『承』がやたらに長い気がして
    最後の方はもうどういう事なのか、を
    把握するので精いっぱい?

    面白くないわけではなかったですが
    最後の方だれてきました。

  • 精霊がいる世界の宝石職人見習いのクラウディアは、ある日空腹で倒れていたアズーロという青年を拾う。
    宝石に住む精霊とかの世界観はいいのだが、クラウディアの周囲の人物がドンドン増えていくのに、敵味方とか性格が中々はっきりしない。どう感情移入したらいいのかがわからず、ストーリー終盤まで中途半端なまま読み進め無ければならないのが不満。

  • 『薬屋のひとりごと』が好みだったので、こちらの新刊も読んでみましたが、題材やキャラも悪くないのに何故か今一つ乗れなかったなぁ。貴族(王子)と思しき坊ちゃんが“俺”と言うか?とか、主人公・クラウディアが気を失い場面転換が多すぎとか、後半盛り上がるまで冗長というか…。惜しい、なんかもう一声!な感じでありました。

全3件中 1 - 3件を表示

路地裏の精霊姫 (一迅社文庫アイリス)のその他の作品

日向夏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

路地裏の精霊姫 (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

ツイートする