元帥閣下の婚前旅行 (一迅社文庫アイリス)

著者 :
制作 : 鏑家 エンタ 
  • 一迅社
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758046619

作品紹介・あらすじ

悪魔と恐れられる元帥閣下(耳フェチ)・ロイス・フィングに身売りされそうになっていたところを救われた少女・アメリ。様々な誤解と障害を乗り越えたふたりの婚前旅行は案の定前途多難で!?不幸少女×不器用な元帥閣下の略奪婚ラブコメディ、新章!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ2冊目。
    1巻とは絵師さんが違います。

    2巻ではロイスの兄、レキシードと双子の兄弟であるアレイスターの出番が多いのですが、予想外に彼の口調が乱暴だった事に驚きました!

    旅行中の偽装身分証の年齢が正しければ、1巻では不明だったロイスの年齢が24歳である事が判明します。
    アメリは16歳なので、8歳の年齢差という事になります。

    アメリの母親の遺骨を引き取る目的の婚前旅行先の宿屋で、ロイスに手料理を振る舞うアメリは意外とあざとい女でした(笑)。
    アメリが作った創作料理は、作者さん名繋がりで茶碗蒸しの中にうどんが入ってる小田巻蒸しに近い料理かなと想像しました。
    両想いで婚約式を終えてからの婚前旅行なので、彼女の可愛さを前にしたロイスの本能と理性の戦いが頻繁に見られて不憫だけど楽しかったです。
    ヤンデレ化も良かった。
    そして、婚礼当日、初夜を心待ちにしているロイスが可愛かったです!

    ただ、2巻も1巻同様に誤字脱字が多かったのが気になりました。
    1番気になったのは、204頁11行目のロイスの台詞。
    「…貴女さえ側に入れくれれば他には何も要らない」
    これは「いてくれれば」の間違いですよね?
    折角のシリアスなシーンなのに、思わず脱力してしまいました。
    本当に勿体ない!(^_^;)
    何気に1巻の伏線が回収されてないので、3巻に続くのでしょうか。
    今度は新婚になった2人を見たいので、楽しみにしてます。

  • イチャイチャきたーーー!! 襲ったり、我に返って反省、盛ったり、我に返って反省×無限大なヒーローにニマニマ♡ 最初から最後まで山あり谷ありご馳走様!! 新章ってなってるからには、3巻でるよね? 新婚生活希望!! あと、引っかかってる人いたけど、ピーナッツ豆腐はジマーミーじゃなくてジーマーミなんで、そこんとこヨロシクby沖縄県民

  • 相変わらず力のこととかよくわからないのだが……。
    とりあえず、ジマーミーがジマーミー豆腐にしか結びつかなくて、途中から変な意味でもう駄目だった。

  • ロイスがものすごいヤンデレになってます。
    レキシードの悪戯の薬+酒+媚薬で理性を失って、アメリを襲っちゃったけど、さすがにアイリス文庫。アメリの水の力でロイスが吹き飛んじゃいました。ロイスがちょっと不憫でした(^^ゞ

    前半はほとんどロイスとアメリのいちゃいちゃで、さすがにお腹いっぱいになりそうでしたけど、後半、アメリの母の遺骨を探しに行って、ジマーミーに気に入られちゃったあたりから、また面白くなりました。そういえば、アメリの手って「悪魔の手」でしたね。

    最後結婚式のときにロイスの気持ちが書かれてますが、確かによく我慢しましたって褒めてあげたいです。

    続きがあるのかな?

全4件中 1 - 4件を表示

元帥閣下の婚前旅行 (一迅社文庫アイリス)のその他の作品

小田マキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

元帥閣下の婚前旅行 (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

ツイートする