双剣使いの封呪結界 (一迅社文庫)

著者 :
制作 : 美弥月 いつか 
  • 一迅社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758047715

作品紹介・あらすじ

黒い霧と怪物たちに侵略された多くの異世界。黒い霧と敵対する何者かにより異境の地へと召喚された日本の若者たちは、召喚時に手に入れた異能力を使いいくつもの世界を救っていった。千丈一輝とそのパートナー冬峯遙も帰還者たちの一人。ふたりはいまだ侵略に苦しむほかの異世界へと赴き、窮地に陥っていた黒船理沙を助け日本への帰還に成功する。こうして懐かしの祖国へ帰った理沙。しかし彼女を待っていたのは、黒い霧に閉ざされ異界へと転移・消失した東京だった。瀬尾つかさが贈る、異世界転移ファンタジーついに登場!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヒロインが妹やと思ってたねんけど、違うっぽい。
    それなりにおもろそうやから、とりあえず次を読んでみる。

  • プロローグと1話の間に何があったのだろうか。
    といった感じ。

    視点がヒロインだけど主人公TUEEEもの。ハーレムものになるかどうかは今のところ不明。

    ヒロインの性格がどうもネコかぶっているみたいなのでつかめなくて、これからどう転ぶかが不明。
    あとイラストテロ。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

第十七回富士見ファンタジア長編小説大賞審査員賞受賞。『琥珀の心臓』でデビュー。近作は『聖煉の剣姫と墜ちた竜の帝国』一迅社文庫、『約束の方舟』ハヤカワJA等。

瀬尾つかさの作品

ツイートする