セカンドトリップと私の7人の夫達について2 (メリッサ)

著者 :
制作 : ロジ 
  • 一迅社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758048101

作品紹介・あらすじ

騎士育成寮で働いた1度目のトリップ。2度目のトリップは10年後の世界!?おまけに一妻多夫制となっていて、女性は7人の夫を持てることに!見目麗しく成長した少年達に求婚され、あっという間に3人と結婚することになったサクラ。彼女の前に現れた4人目の求婚者は-王子様!?ほのぼの溺愛&逆ハーレム・ラブファンタジー第2弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やべー、これ楽しすぎる!誰が1番とかはないんだ。皆平等に、、、でもセレナーデやグリードリッヒに肩入れしちゃ、いやいやルイズとヴァイオスも捨てがたく←(笑)なんだか途中で泣きそうになったわ。切ない、ほんと切ないセレナーデ。それ、本心なの?と疑ったりもしたけど、でもでも本心なのよ、、、ね?信じていいの!?(笑)

  • 【ネタばれ感想注意】

    異世界トリップ逆ハーレム溺愛系シリーズ2冊目です。

    2巻は、序盤はサクラの3人目の夫となったグリードリッヒとの交流が描かれ、中盤は4人目の夫候補となる絶世の美貌を持つ第3王子セレナーデが登場し、終盤は流されるままだったサクラがようやく自分の気持ちと向き合い、改めて3人の夫達が他の男性達とは違い特別な存在である事とヴァイオスとルイズを目の前にして彼等に恋している事に気付き、いよいよ初体験を迎える…という所迄が収録されています。

    初体験で3Pを体験するという、なかなかないであろう展開です(笑)。
    普段は優しいヴァイオスとルイズですが、Hの時はSモードに豹変するのでサクラも大変です。

    相変わらずヒロインのボケとツッコミが面白いので、楽しく読み進められました。
    この作品はサクラと夫達のいちゃらぶだけでなく、10年前に彼等とサクラが騎舎で過ごした想い出も振り返る展開なので、より切なくなって現在の夫達の溺愛ぶりが長い初恋の成就のように思え、読みながら「良かったね~」と幸せな気持ちになれるのが良いです。

    3人目の夫となったグリードリッヒは25歳で、時期公爵という大貴族です。
    彼もまた騎舎でサクラと共に過ごした過去を持ち、普段は常に眉間に皺を寄せていて仏頂面をしていますが、公爵家という非常に頼りになるコネに加え、グリードリッヒ自身もとても頼りになる存在で、サクラの事を大切に想ってる事が伝わってきます。
    グリードリッヒは少年期に婚約者の駆け落ちと義姉から夜這いされるという体験をした所為で、すっかり女嫌いになっていましたが、騎舎でサクラと出会い、彼女だけは特別な存在になっていたのでした。
    …しかし、ルイズとヴァイオスとの結婚は異世界で生きていく為に致し方なかったとはいえ、グリードリッヒとの結婚に至った理由はちょっと流されすぎだと思う!

    4人目の夫候補セレナーデも25歳で、創世の月の女神の血を引くという由緒正しい王族の第3王子です。
    サクラが初めて異世界トリップした1(10)年前、騎舎で働けるように取り計らってくれたり、困った事が起きた時に相談に乗ってくれたのがセレナーデで、サクラにとっては恩人でもありました。
    また、セレナーデにとってもサクラは微香の誘惑に惑わされない特別な存在であり、彼女に恋していました。
    …生まれながら持っている力で自分ではどうする事も出来ない、しかも異世界では創世の女神と同じ「祝福された力」と一般的に捉えられている所為で無下にも出来ない…というセレナーデの特殊な過去を知って、サクラに強姦未遂をして怯えられてますが、ちょっと同情的な気持ちになってしまいました。

    誤字脱字があったので、「なろう」サイト掲載時は仕方ないとしても、書籍化する時は編集部が責任を持ってチェックして欲しいです。
    続きはサイトで読めますが、書籍で読むのが好きなので3巻の発売を楽しみにしています!

全2件中 1 - 2件を表示

セカンドトリップと私の7人の夫達について2 (メリッサ)のその他の作品

ひのとの作品

セカンドトリップと私の7人の夫達について2 (メリッサ)を本棚に登録しているひと

ツイートする