ボタニカル

著者 :
制作 : 今日 マチ子 
  • 一迅社
3.28
  • (1)
  • (6)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758048248

作品紹介・あらすじ

樹木医・雨宮芙蓉は、心療内科医・朝比奈の依頼で、奇妙な仕事をしていた。それは"ボタニカル病"-植物に寄生されるという未知の病気に侵された人々を診察すること。様々な患者たちと出会い、彼らを治療すべく奔走する芙蓉。綴られる四季の最後に秘められていた真実とは-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不思議な雰囲気を持った作品でした。話の筋は半ばには分かりますけど、楽しめました。

  • 植物に寄生された「ボタニカル病」に侵された人を治す「樹木医」の紡ぐ、幻想的な短編集。ふわふわとした雰囲気の物語は、けれど季節の移ろいと患者たちとの交流のその果てに、「意外性」が用意されている。

    その酩酊を誘う結末は、幸せとも不幸せともつかない、浮遊感を誘うものなので、どこか心落ち着かない感覚にさせられるのだけれど、いっしょにたゆたいたい、と思うような危険な誘惑にも満ちています。

    なんというか、ハッキリした輪郭を持つ物語、きっぱりとしたエンドマークのつくお話ではないので、もやっとした感覚は後に残るだろうから、万人向けではないだろうけれど…、独特のうつくしさに満ちた世界観は魅力的だと感じたお話でした。

  • ボタニカル病、良い病気ではないな。

  • 自分自身久しぶりの読書だったのですが、児童文学のような読みやすいファンタジー小説で、活字に対する良いウォーミングアップになりました。

    植物が体に寄生するという珍しい病気を持つ患者と、それを治すお医者さんのお話。こういう人たちがもしかして実際いるのかもしれないな、と思えるような現実とファンタジーが丁度良いバランスのお話だと思いました。

    ファンタジーといっても、ほわほわ幸せなお話じゃなくて、読後感は心がチクチクと哀しい・・・。そんなお話でした。

  • 夢と現が混ざり合っている雰囲気がいい。特に冬の話が良かった。沙羅双樹に寄生された老人は、治療をせずにこのまま沙羅双樹に包まれて命を終えたいと望む。痛みも感じず、しだいに眠る時間が増えて、ふわふわと、好きな花の中で永眠する。素敵な最期だな。

  • 植物に寄生される人々と、彼らを治療するべく奔走する若き樹木医の芙蓉と彼女を支える心療内科医・朝比奈の四季を彩る花々と人間の物語。
    ラストパートにかけて読了感が、全てを奪うような切なさ、いとおしさが、安定の有間カオル節でした。
    めっちゃ良かったです。

  • 表紙とボタニカル病といういわゆる花吐き病のテーマに惹かれて手に取ったがいまいち引き込まれず。

  • ボタニカル病の謎を解明するというテーマが大きくあるが、物語の根本にあるのは芙蓉と医師朝比奈の愛である。お父さんの言葉ではないが、いつか出口が見つかって自由になれたらいいのだけど。

  • 植物に寄生される未知の病「ボタニカル病」の治療に取り組む樹木医・芙蓉。実際、このような病気はなく、ファンタジーの要素もかなりたっぷりな作品。四季折々の花のエピソードからなる連作短編集だが、最後の章の芙蓉についての話は、少し意味が分からず、ちょっと残念な読後感。

  • Twitterで見かけてファンタジーかと思っていたら、ミステリーの棚にあって「あれ?」と思いましたが、確かにミステリー。種明かしのところがもう少し書き込まれてもいいような気もしたけれど、その前に世界に引きずり込まてしまっているのであのくらいの感じがよい気もする。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。『太陽のあくび』でメディアワークス文庫賞を受賞し、デビュー。他の著作に『サムシング・フォー ~4人の花嫁、4つの謎~』『魔法使いのハーブティー』などがある。

「2018年 『アルケミストの不思議な家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有間カオルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする