誘惑☆大作戦 (ロワ・ノベルズ)

著者 :
制作 : 青石 ももこ 
  • 一迅社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758049160

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 35歳童貞サラリーマンのオッサン総受けBL。

    オッサン受けだが、童顔+寿命が違う(実年齢より若い)設定なので、それほどマニアックではない。

    満員電車で帰宅途中に、異世界へ召喚。
    コミカルな語り口で徐々に謎が明かされ、世界の輪郭が見えてくる構成が手慣れている。
    文章も熟れていて読みやすい。

    Hシーンのシチュエーションや、そこに至るまでの心理描写もバリエーションがあり、工夫されている。
    また、各種攻めキャラが主人公に惚れるエピソードが納得できるので、逆ハーレムの無茶苦茶な設定も自然に頭に入ってくる。

    私的には、バルド将軍と騎士団の双花推し!
    王様次点。

    タイトルとイラストが好みじゃないのが、残念ポイント。

  • 面白かった。web発というのが納得の、軽いノリのHなコメディ。主人公が総受なのさえ気にならなければ、わりと楽しめる。男性同士の恋愛の倫理観がゆるゆるな世界のあれやこれや。
    ただ、読んでみて気になるのはその内容より、この新レーベルの編集。誤字が目立つ。それはもう編集仕事してないよね?ていうか読んでもいないよね?と思えるほど。おまけに本の厚さに反比例するかのように、レイアウトの空白が目立つ。タイトルが書いてあるだけのページが、この一冊に何ページあったことか。なんていうか…web作品を本にするだけの簡単なお仕事で、出版する前もその後もフォローは一切なしね!って感じで、作者や作品に対する愛がないのが丸わかり。そんな裏事情を勘ぐってしまっても仕方がない作りでした。ようは出版社の名を借りた同人ゴロの亜種のようなものだろうか。あとがきもなければ、完結していないのにナンバリングもない。すがすがしいまでの放置プレイ。それでもファンは買うのでしょうが、作者や読者すらもバカにしたやり方は正直好きじゃない。ていうか嫌いです。
    面白かったので続きが出たら買うけど、この様子じゃ多分出ないだろうな。作家さんと作品を食い物にしてるみたいで腹が立つ。

全2件中 1 - 2件を表示

誘惑☆大作戦 (ロワ・ノベルズ)のその他の作品

誘惑☆大作戦 (ロワ・ノベルズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする