乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…5 (一迅社文庫アイリス)

著者 :
制作 : ひだか なみ 
  • 一迅社
3.74
  • (3)
  • (11)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 67
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758049504

作品紹介・あらすじ

乙女ゲームの悪役令嬢カタリナに転生した私。破滅エンドを回避したはずが、なぜか最大の破滅フラグだったジオルド王子との婚約は継続中。「私、いつでも身を引きますから!」そう本人にも宣言しているのだけど…。ジオルド王子の婚約者の座を狙う令嬢が現れるライバル登場編、ニコルのお見合い編ほか、カタリナたちの日々や意外な人物にスポットをあてた過去編も収録。大人気★破滅回避コメディ第5弾は、コミック大増量で掲載!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サイン本。今回は短編集(WEB番外編収録+書き下ろし多数)。コミック部分大増量でうれしい。ライバルまでたらしこんでしまうカタリナ。カタリナの周りの娘たちも自分に向けられる好意には気付かないのね。アスカルト宰相が最年少でその地位に上った理由にびっくり。アン最強説。

  • 番外編収録。時系列がいろいろあるので、ちょっと混乱(笑)

  • 今までの総集編・キャラ紹介+コミック。
    4巻の続きかと思いや数年前の話になっていたり、また現在に戻ったりと時間軸がゴタゴタしていたけど、庭師やメイド頭などモブまで幅広くカバーしていたのは出血大サービスなのかな。個人的には『ニコルのお見合い』(に出てきた女の子は誰?)が面白かった。脳内会議が今回はなかったのが残念!
    素敵なイラストのコミックが多めで楽しかった。キャラデザについては、カタリナは本当にコレ!って思う。
    前回はキース誘拐だけで一巻が終わってしまったので、これからは小さな事件を挟みつつの大きな流れが見える新展開になるといいな。

  • 幼少期のエピソードや、クラエス家の家族たちのお話などの番外編短編集。しかし、この5巻。小説の半分とは言わずも、結構なページをイラストのひだかなみ先生の漫画が占めている。漫画はショートエピソードのものだが、カタリナたちキャラクターを楽しみる内容となっている。

  • 今までの番外編集+コミック+キャラクターデータ
    今回も楽しかったです。このまま続いてジオルドとの結婚式までいくのでしょうか?

  • 今回は今までのうらがわ?とかあの人はあの時みたいな感じでした。
    アランとのピクニック的なものがほのぼのしていてよかった。

全7件中 1 - 7件を表示

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…5 (一迅社文庫アイリス)のその他の作品

山口悟の作品

ツイートする