Landreaall 3 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

著者 :
  • 一迅社
4.03
  • (93)
  • (41)
  • (86)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 554
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758050616

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第9〜14話+Tailpiece(六甲が家族になった直後の小話)収録。カバー下はランドリオールが生まれるへや。
    戦闘シーンの動き分かりづらい、普段バトル漫画を読まないからか。あとイオンのDX呼びに違和感しかない、お兄呼びに統一してくれ。無事マリオンを救出したが、このオチは切ない。DXがんばれ!今回のをきっかけに故郷を離れることを決意したDX、こうして次巻からは学園編へと路線変更するのね。人気なかったらここで打ち切りなんだろうなあーと思った。

  • 切ない序章でした…

  • マリオン編終了。
    巻末の漫画も面白い。

  • マリオン編完結。

    英雄の子DXが、自分の力で恋する歌姫を救う勇者となる。
    結ばれない結末を知りながらも初志を貫徹したDXは格好良く、2巻の想いの叶わない発言がしみじみくる。

    作者は普通ならハッピーエンドで完結しそうな話を、丸々プロローグにするという見事な手腕を見せてくれた。
    ただストーリー構成が素晴らしいだけに、アクションシーンの描写が判りづらく残念だった。

  • DX(ノД`)

  • やっと自分のを買って読み返しましたよその3!

    セシリア!ミーナぁああ!!!
    イオンちゃーーーーん!!!!!
    みんなかわいいぞぉおお



    と、一通り女子に悶えたところで、まともな感想に入ろうと思います。



    火竜退治編、完結巻でした。
    見所としては、
    イオンと六甲の仲良しシーン、DXとイオンの兄妹ガチンコ対決、レッセフェールの完成、火竜との死闘、マリオンとの結末、ディアの初登場、
    このあたりでしょうか。
    細かいところとしては、
    むくれるウールン様かわいいとかエカリープのむさい応援団とかやっぱりファレル様のかっこよさは鉄板とかミーナちょうがんばった!とか。このあたりで。

    普通のファンタジーまんがであれば、ここでDXとマリオンがくっついて終わりなんですが、4巻以降にはまりまくった今となっては、この火竜退治編が、まるっと3冊かけたプロローグに思えてくるから不思議です。
    初めてこの先を読んだ時は、話の雰囲気が180度変わったことに戸惑いまくったものですけどねぇ…


    早くこの先も読み返したいです。

  • 主人公がフラレるところから本当の物語がはじまるというシビアな展開。

  • とりあえずマリオンと火竜の話は一段落かな。手紙のやりとりとかふまえて、一通り読んだら最初から読み直したいと思った。あと決戦前の親二人のやりとりににやにや。

  • 三巻。
    火竜編完結。

    一生パンなんか食べない。

    うわぁぁ、そんなこと言わないでよDX!
    あんたほんとにがんばったよ!
    はじまりのシーンが最後に繋がって、DXあんたって子は・・・と抱きしめたくなりました!もう、もう、ほんとにいとしいよ。

  • お話はいいのだけれど、竜と闘ってるときとか、どうなってるのかイマイチ絵で追えないのが残念。

全25件中 1 - 10件を表示

Landreaall 3 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)のその他の作品

おがきちかの作品

ツイートする