ハイガクラ 4巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

著者 :
  • 一迅社
4.24
  • (42)
  • (36)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 460
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758055932

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • “これは 誰だ
    たった四年で あの泣き虫がどうしてこうも変われたのか
    どれだけ泣くのをこらえたら これほど作り笑いが上手くなるのだろう
    たった四年 されど四年 その年月分 あまりにも 遠い
    「…お前なんて知らない
    ——…お前なんて——………珠龍を 珠龍を返せ 馬鹿!!」
    「…え
    一葉…?一葉は
    珠龍なら 珠龍が いいの?」”

    珠龍の話が重く悲しい。
    外国の真実にぞくり。
    さ、山烏……??

    Thanks to K.H.

    “「藍さんったら大事な弟子に"口伝"をしていなかったそうで」
    「…へえ?そりゃ危険なことを」
    「ですよねえ」
    「あの一葉です 心に余計な重石を増やさないためでは?」
    「だからと言って事は命に関わる 必要なく言わぬはずがない」
    「——そう
    必要でないから 言わなかったんだろうよ」”

  • 古本屋でパラパラと見て、私好みの話だったから購入したら、1巻だと思ったのが4巻だったΣ(゜□゜;)
    凡ミス。後日、前3冊購入しに行きました。

  • 終わり方が意味深でこれからもっと面白くなりそうな予感がしました!

  • いとこの漫画。一葉の過去が少しだけ描かれていました。難しい部分ばかりだけど、美しい絵とストーリーに引き込まれます。

  • 桃が盗まれた回はもっと続くのかと思ったらあっさり終わった。
    どういう展開になっていくのか楽しみ。あとミスターモーニングが再開してるのが何より嬉しい!

  • 藍様と一葉の関係おいしい。
    謎が謎を呼ぶ展開になりましたね。

  • とりあえず表紙の一葉イメケソ

  • 一葉はたまご産まれ?

  • 一葉と滇紅の出会い。それは不思議の連続だった。何者かもわからない滇紅を使役することに成功した一葉は、徐々に彼との絆を強めていく。一方、西王母として生きることになった白珠龍は自分の本当の姿を隠し、重責に耐え続ける。四神を失い、国の支えを失った世界で、彼らはひたむきに生きる。

  • 7月10日購入

全14件中 1 - 10件を表示

ハイガクラ 4巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)のその他の作品

高山しのぶの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイガクラ 4巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする