カーニヴァル 10巻 (ZERO-SUMコミックス)

著者 :
  • 一迅社
3.93
  • (22)
  • (26)
  • (24)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :416
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758057462

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カーニヴァル10巻読み終わりました。

    ヨギくんが、パッチ外して大暴れしてる姿がかっこ良かったです!!
    パッチ有りの時との、ギャップがたまりませんね。たまらんです。

    ニャンペローナパンツ、、、
    かわいいですね。

    パンツはかぶる物ですね!!

  • のどかな温泉地で、與儀のパンツが紛失するというトラブル発生!パンツを探す花礫達だったが、その行方は意外な方向に・・・?
    銀髪與儀めちゃくちゃカッコいい。キャラとしては金髪のときが一番好きだけど。燭先生がああいう行動に出るのはちょっと意外だったなぁ。実は柔軟な考え方の人なのかもしれないと思った。

  • ニャンペローナのアダルトラインの下着なんてあるんですね。
    ヨギの人格がまた変わりました。
    これはこれでイイ。
    そしてやはりまたしてもニジが可愛い。
    カロクがニジを抱っこしているのが可愛すぎます。

  • この展開、すっごく面白かった!
    ヨギ強い・・・!
    そして嘉禄がナイに優しくてほっとする。

  • 【お借り本】與儀のおパンツ探索隊(笑)「ニャンペローナの」「ださっ!」って会話だけでも何だか花礫が帰ってきてよかったーってほっとしてしまう、それ位いいコンビだと思う。そして无の事を思い出した嘉禄との再会を果たせて本当に良かったとじんわり。銀與儀、強いなぁ・・・なんで平門さんに攻撃したのかがこれから分かるのかしら?おまけ漫画の巣立ちは分かるよ!うん、寂しいよね。

  • ナイとカロクの再会にうるっときた~(;_;)ほんとに良かったね~!前半はパンツ騒動や温泉に入ったりで楽しい感じだったけど、後半の戦闘でのヨギの豹変っぷりにびっくり。人格変わるとすっごい強くなるみたいだけど、そうなった経緯が何なのか…次明らかになるのかな。毎度のオマケも面白かった~!ナイの巣立ちに落ち込むカロクwアフレコレポも楽しませてもらってます♪

  • “「本当に誰にも言わない?」
    「! 言わないぜったい!!」
    「輪<サーカス>の艇にはね 俺の弟が乗っている」
    「——え だって嘉禄は一人っ子だってお祖父様が…」
    「うん みんなは知らない 知られたくない
    ——だから 秘密だよ エリシュカ」”

    銀髪與儀の謎が次巻で明らかになりそうで楽しみ。

    Thanks to K.H.

    “「——燭 今 困ってるんだ?」
    「ああ困っている
    そしてお前に 能力者<ヴァルガ>と思いきり遊んでいいと言っている!」
    「——しょうがないな〜遊んできてあげてもいいよ?俺
    待っててね〜 あっ
    ……君…君が『花礫くん』だ!『无ちゃん』はいないの?
    腕 能力者に折られてかわいそう 仇取ってあげるね
    頭突きのお返しはまた後で」”

  • 紆余曲折の末、輪のメンバーと合流した花礫は、彼らに同行し、古代の海「メルメライ」を訪れる。
    その調査中に與儀のパンツが消失する出来事が起こり、そこから事態は思わぬ方向へ――。

  • 1巻から10巻まとめて感想。
    キャラは皆キラキラしていて、立っている。ストーリーは、今ひとつよく分からない。というか、謎が多いし、今ひとつ煮え切らない。
    一斉捜査の後にサーカスを見せるという設定とか、うーんと思ってしまうし。
    キャラ的には平戸と燭が好きですが、アニメで動いてるのを見て、楽しめるかな~?といったところ。

  • 1〜10巻

全14件中 1 - 10件を表示

カーニヴァル 10巻 (ZERO-SUMコミックス)のその他の作品

御巫桃也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

カーニヴァル 10巻 (ZERO-SUMコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする