ハイガクラ 6巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

著者 :
  • 一迅社
4.22
  • (21)
  • (19)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 219
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758057790

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 誰が好き?って聞かれたらタレ目じゃない一葉(←)

  • 所々忘れた部分もあって悲しい。
    今回ちょっと作画崩れてたところもあった…かな?
    なんで比企は呪われて生まれてきたんだっけね…

  • ちらほらみえてくる伏線回収。
    色んな関係性がどんな風に変わっていくのか楽しみです。
    とりあえず花果かわいいー^^

  • 今回は普通に読めました。判りにくくなかったから良かったです。でもあんまり進んだ感じはしないかも。じわぁーっと進む感じですね。これはやっぱり結構かかるのかなぁ。
    てんこうの事もしろの事も自分の事も、何もよく知らないって気づくのが遅いよなぁとか。四凶の事もだけど。今まで気にならなかったのかしら。一葉が全ての事を知らなさすぎるから、話の進みが遅いんだろうなぁと思いました。ようやく知らない事に気づいたから、次からはもうちょいさくさく進んでくれるといいな。
    竜王の前妻てどうなったんでしょうね。てか普通に人の形してるあの竜王がこの世界の根幹の片割れなの?と今更思ったり。て事は春睨とか9人の子供ってもっとすごい扱いじゃないの?丙閑は眉毛のお手伝いしてたけど。他の子も門番とか。で何で4番目のヒキが柱に生まれついたんでしょうね。ヒキは1人で支えてるってなってたけど、しろも柱じゃなかったでしたっけ。姉と相柳も謎だし。つまり姉は裏切者って事?と謎だらけ。謎が多すぎて解決してないのに次々謎を増やされて、それが判りにくくする一端じゃないかなーと。いくつかは飴が欲しいです。バランス悪い。作者の頭の中では繋がってるから気にならないのかもですが。
    ところで確かに何か絵が違うかもと思いました。別連載の絵に。
    限定版小冊子は一葉達の話じゃないのですね…初回限定版なのにわざわざ別キャラの話かよ!となりました(笑)期待するよね…。相関図は整理できたから良かったけど。

  • 解式したテンコウも苦悩してるんだと思うと、ますます一葉とテンコウのコンビから目が離せません!
    これからテンコウの正体が明かされていくのでしょうか…次巻が楽しみです!1年も待てない…!

  • だけど、表紙は通常版の方が好きなんです。なので、迷った。表紙を理由に迷ったけども!
    小冊子にいやされました。

  • 孫登様スキーなので小冊子大変おいしかったです

  • アニメイト限定版を購入。
    滇紅の正体はまさかの…!?
    新たな従神を(嫌々ながら)迎え、次巻からいよいよ一葉と滇紅の「正体」を探していくことに!
    予告で見えた成長したあの子が気になります…!
    一体どういうことなの……

全8件中 1 - 8件を表示

高山しのぶの作品

ハイガクラ 6巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする