ハロウィン探偵オズ・ウィリアムス 1 (IDコミックススペシャル ZERO-SUMコミックス)

著者 :
  • 一迅社
3.05
  • (3)
  • (3)
  • (7)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 109
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758057936

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 電子無料。絵はきれいで主人公も可愛いけど殺人事件の描写は結構グロい。設定は好みなのでもっと先の展開を知りたくなりました。

  • 19世紀。ロンドン。ヴィクトリア朝。主人公が両親を亡くして、助手(執事みたいな、ね)と二人暮らし。
    あの作品を彷彿とさせる出だしですが、中身もやっぱり。ただ、真似をしているのではなくて、きっと作者さんはあの作品に多大な影響を受けたんだろうな、というのがひしひしと伝わってきます。
    全てが一緒なわけではなく、若干のオリジナル要素もありますが、うーん。
    重箱の隅をつつくようで申し訳ないのですが、「ハロウィン探偵が調査した事件の犯人が、探偵に会った次の日に死亡する」の意味がいまいち分からず…。ジャック・オ・ランタンが1日猶予をあげるということなのでしょうか?だったら、◯◯をして殺人を犯したら◯◯されて死亡する、というのは一体どういうことなのでしょう?独房とかで、◯◯になるということ?それは誰がするのでしょう?
    と、よく分からない設定がたくさんあって、読んでいる間、ずっとわだかまりが消えず…。
    そして、ハロウィンは元々アメリカのもので、イギリスで「Tric or Treat」がされ始めたのは、近年のような…。
    作者さんが、「好きなものを詰め込みました」とおっしゃる通り、好きなものがごっちゃに入りすぎて、闇鍋みたいになっているな、というのが1巻の印象です。

  • 探偵とありますが推理ものではなく復讐もの。
    主人公の過去が切ない。
    次巻に期待!

  • さあ、ジャック・オ・ランタン 
    終焉をはじめよう


    不条理に殺された者達が主人公に助けを求め、
    復讐として同じ手口の悪夢にて殺すという、
    少し読み手を選ぶ内容。
    終焉は「終演」とかけているのかもしれない。
    個人的には、やられたらやりかえす。
    切り刻んだ奴は切り刻まれて死ね!!などに同調していまうので
    不快には思わなかった。
    正体不明の主人公とその兄。
    そして新たな展開を呼ぶ神父と1巻の終わりに
    次巻への期待が高まる。

全4件中 1 - 4件を表示

ハロウィン探偵オズ・ウィリアムス 1 (IDコミックススペシャル ZERO-SUMコミックス)のその他の作品

千歳あめの作品

ツイートする