レムルローズの魔女 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

  • 一迅社 (2014年7月25日発売)
3.07
  • (2)
  • (1)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :60
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784758059428

レムルローズの魔女 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どうしても1巻で納めなければいけなかったからか、
    どうしても急ぎ足で進めなければいけない雰囲気が漂っていました。
    でもとてもその世界観が素敵でどんどん引き込まれていきました。
    これで満点なのは珍しいかも、、

    あと絵がとても美しくて、そこもプラス要因です。
    主人公ふたりが可愛い&格好良い

  • 表紙&騎士志望と魔女ってとこに惹かれて購入。
    女の子の絵がかわいかったのだけど、城に着いてから話が唐突で置いてけぼりにされた気分。
    黒猫は心臓の件を最初から知ってたっぽいのに、城に来た当初は刺すのを邪魔して、情が出てきたころにお前になら刺すの任せられるガハッ→死亡ってなんなんだ意味わからん、と思ってしまった。兄が何をしたかったのか謎だった。
    思い出して欲しかったにしても何だかなぁ、ていう。
    唐突さが歌の漫画化っぽい話だなーと思ったら本当にそうだった。

    表紙と口絵はとても好き。

  • 騎士を目指す少年・ロシェルは禁忌の祠に足を踏み入れ、魔女に呪われてしまう。
    魔女に呪われた者は、七日以内に死ぬ。
    それは運命だと告げられ、ロシェルは魔女を倒すため、霧の森にある城を訪れる。
    しかしそこには美しい少女・アンダルシア・レムルローズがたった一人で暮らしていた…。

    霜月さんのファンタジーアルバムのコミカライズ。
    とても絵が綺麗で、アンダルシアことアンが大変可愛らしくて嬉しい。
    音楽の原作作品は聞いてないので、どのくらい再現度が高いとかは分からないけど、普通にマンガとして読み応えはあった。
    ただロシェルは一度くらいは家に帰るかと思ってたので少々意外。弟君とは仲がよかったし、無事だという事くらい告げるのかと思った。
    書き下ろしマンガはちょっぴりダークな雰囲気を醸しつつ、妖しい感じでよかった。

  • 表紙や装丁に惹かれたのと霜月はるかさんの作品ということで購入。
    カラーや装丁はとても素敵だけど、漫画自体はというと、少し残念感あり。表紙とは違った印象を受けるというか…。
    CD「レムルローズの魔女」を聞きつつ読んでみたものの、イマイチ感が抜けない。

    一般の漫画より値段が高めなので、そこと釣り合ってないな、ということで☆3つ。

  • 表紙がとても美しく、話の雰囲気もとても素敵。
    切ないけど、ハッピーエンドでよかった!
    アニメイト渋谷にてサイン会。

全5件中 1 - 5件を表示

レムルローズの魔女 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)のその他の作品

レムルローズの魔女 (ZERO-SUMコミックス) Kindle版 レムルローズの魔女 (ZERO-SUMコミックス) 神江ちず:漫画霜月はるか&日山尚:原作

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

レムルローズの魔女 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)はこんなマンガです

ツイートする