魔女の箱庭と魔女の蟲籠 -鈴木小波短編集 (REXコミックス)

著者 :
  • 一迅社
3.73
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758065603

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • つい、この間、ここに野干ツヅラ先生の『午後五時四十六分』、ネコメヒコ/作楽ロク先生の『こんなん生まれました。』の感想を挙げ、絶賛し、どれだけ面白く、読むべきか、を力説した私は
    質が高い、その評価は今も変わっていない
    けれども、この『魔女の箱庭と魔女の蟲籠』を読んでしまったら、先の二作品がバリバリと食われてしまった
    何でも描ける、って表現は、漫画家にとっちゃ癇に障ってしまうモノかも知れないけれど、連載と短篇集を読むたび、鈴木先生に対しての印象は「何でも描ける」が強くなっていく
    一体、どんな日常を送っていたら、こんなスレスレの発想が自分の中から湧き上がってくるんだろう。素直に知りたい、と思う一方、真似したら精神が壊れちゃうかもな、そんな不安も過ぎる
    好みは人それぞれだろうが、あえて、先に、ちょっと合わなかった作品から挙げさせてもらう。それは、『パイパニック』だった。下ネタ、それ自体は好きなのだが、若干、あけすけすぎて食指が動かなかった。絵柄が現在のそれと違うのも理由かも知れないな、と書きながら気付いた
    逆に、他の読み手に推したいのは、表題作でもある『魔女シリーズ』だ。鈴木先生が得意とする、ほんのちょっぴりのおぞましいコメディで、パンチが効いている。ヒトじゃないモノが、ヒトと絡んで、特別な関係を築くようでいて何も起こらない、それがヒトとヒトじゃないモノの境界線、そんな感じ
    是非、このシリーズだけの単行本を出して欲しい。母であり、作成者である魔女が望んだ物を全て手に入れ、何もその手の中に得られなかった時、何が起こるのか、も知りたい
    この台詞を引用に選んだのは、真理であるから。苦手だと言っていた作品から引用するんかい、とツッコミが飛んできそうだが、それはそれ、これはこれだ。男はオッパイに弱い、それは誰も否定できないでしょ

  • おいてけぼり感が満載。これから広がっていきそうな雰囲気があってどれも面白い。

  • 短編集。

  • 4.0

全4件中 1 - 4件を表示

魔女の箱庭と魔女の蟲籠 -鈴木小波短編集 (REXコミックス)のその他の作品

鈴木小波の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする