くちびるためいきさくらいろ (IDコミックス 百合姫コミックス)

著者 :
  • 一迅社
3.88
  • (37)
  • (20)
  • (50)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 225
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758070010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 雑誌"百合姉妹"と"コミック百合姫"に連載されていた森永みるくの"くちびるためいきさくらいろ"です。幼馴染の奈々と瞳のエピソードを中心に女の子同士の恋模様をオムニバス形式で描きます。"天国に一番近い夏。"では幽霊少女が登場したり、"いつかのこのこい。"では彼氏持ちの女の子に片想いしてる女の子が登場したりと、ちょっと切ないエピソードもあります。百合好きなら、とりあえず読んでおいた方い作品。これから読む方は、話数が増えた新装版が双葉社から出ています。

  • 良いです!最高です!!感動します!!!
    思わずため息が出るくらい綺麗な話です。

    百合が好きな人はもちろん、少女マンガが 好きな方には一度読んでほしい作品です。

  • どれもいい。中でも脳天気に振る舞い、気持ちがばれないようにする「くちびるにチェリー」が良かった。一歩踏み出したラストもいい。巻頭作とその続編も良かった。しかしパケット料金……テクノロジーはすぐに古びる。

  • 4758070016  169p 2006・2・1 初版
    【概要】百合作品。心情的に少女漫画のような感じ。
    ○切なく甘い恋愛話が良い。三角関係もなく、片想いか両想いの爽やかな恋愛。

  • オススメ。
    続編が読みたい。
    絶版になっているので高値で取引されているようだが、後悔はしないと思う。

  • 森永くるみはどうしても表紙の絵が好きになれず敬遠していたが、今までそんなつまらない事で読まなかった自分に憤った。
    心理描写の充実したエロ目的じゃない百合を読んでみたい人には是非すすめたい。
    そして萌えるがいい!

  • ずっと読みたいと思っていた作品なのでようやく読めて良かった・・w
    作品自体は百合をテーマとした短編集という感じかしら。
    森永みるく先生の描く百合はやっぱり心に残るというか、読んでて揺さぶられるような気がします。
    ピュア×ギャル百合ップルも見れるしね!!w
    個人的には「ともだちじゃなくても。」が特に好きかも。

  • 確か百合姫ができてから初めて出版されたコミック?
    当時、百合が世に認められた気がして嬉しくて何度も読みました(笑)

  • 瞳奈々最高。

  • 少女漫画
    展開が王道チックでよい。期待を裏切らない。
    活発で強烈にアピールしてくる親友のこと、気がついたら好きになっている。そんな話をかく人。
    真面目な子が主人公になりやすいから、読んでいてこう、どきどきさせられる話をうまくかくなぁ、と思います。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

美しい絵柄で、女の子同士の優しくリアルな「友情」を描き、絶大な人気を誇る漫画家。代表作に『GIRL FRIENDS -ガールフレンズ-』『くちびるためいきさくらいろ』『ハナとヒナは放課後』他多数。今作で初めて長年携わっている猫保護ボランティア活動を描く。

「2019年 『ねこボラ部のみるくさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森永みるくの作品

くちびるためいきさくらいろ (IDコミックス 百合姫コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする