水色シネマ (IDコミックス 百合姫コミックス)

著者 : 乙ひより
  • 一迅社 (2010年5月18日発売)
3.98
  • (15)
  • (23)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
  • 173人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758070812

水色シネマ (IDコミックス 百合姫コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 都会育ちのタレント×田舎娘。よいよい。
    テンプレ的な優等生作品だがそれ以上ではない。

  • 先に「オレンジイエロー」を読んで辛い点をつけたのだが、こちらは良かった。
    長編の物語一本のほうが落ち着いて読めるからかもしれない。
    女の子の魅力よりもストーリーで読ませる人なのだと思った。

    絵が幼いので物足りなく思うのだが、逆に自分が中学や高校生の頃、一番「同性をすきなのは変かなあ」と悩んでいた時期に、こういう漫画を読んでいたら安心できたかもしれない。

    今の子達は恵まれていると思う。

    ただ女の子同士がいちゃいちゃしていてかわいい、といったタイプの漫画もあるので、こういうきちんと心の機微を描いてくれる漫画は貴重。

  • もう少し絵に躍動感が欲しい。

  • 天然キャラ強し。
    あと赤くなった唯さんかわゆし。

  • なにこれ!乙ひよりはやっぱええわ!と再認識できた一冊。

  • やっぱりこの方の絵が好きです。

  • 女優が海岸に立っていたのを自殺と勘違いして止めようとしたことで女の子と出会い、お互いがどんどん惹かれていく、という百合作品。
    乙ひより先生の本では珍しく1冊丸々ひとつのストーリという嬉しい仕様。
    何がいいって、個人的に好きなシチュエーションである「百合に目覚めていく過程」が描かれているのが個人的にうれしいわけですよ!
    ただ、ちょっとその過程が飛躍してるというか無理な部分がちょっとあるかな・・と思ったのが残念な点だったり・・。
    でもストーリやキャラ設定、世界観などはすごく好きかも。
    終わり方も個人的には良い終わり方だなぁ・・としみじみさせてもらえたし満足!
    同時発売の「オレンジイエロー」よりも個人的にはこっちの方が好きかも(もちろん両方すごく面白かったけど)。

  • 2クールでやってほしかったアニメが1クールだったときのような気持ち。
    全3巻くらいで読みたかったなぁ。【アニメイト特典付き】

  • マネージャーさんの名前が途中で変わってた…って、気づかなかったなあ。

全10件中 1 - 10件を表示

水色シネマ (IDコミックス 百合姫コミックス)のその他の作品

乙ひよりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

水色シネマ (IDコミックス 百合姫コミックス)はこんなマンガです

ツイートする