flower・flower 2 (IDコミックス 百合姫コミックス)

著者 : 石見翔子
  • 一迅社 (2010年7月17日発売)
3.67
  • (4)
  • (5)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :57
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758070959

flower・flower 2 (IDコミックス 百合姫コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この国では女同士の結婚は普通なのかー。そして女装兄は何を考えているのだ。悪いことですね、わかります。

  • 朱が女の子だとニナにバレちゃってから、またニナが朱に一線を引いちゃってる感じが切ない。朱は鈍くて気づいてないんだけど、だからこそニナが唯一信用できるというのも皮肉だな。ニナの苦悩に朱が気がついたら、良い感じになりそうだ。

  • 自分のことを男だと思いこんでいた結婚相手に、実は女だったという事実が露見する……という割りに、あんまり状況が変化していないような気がする。黒い背後設定が強く匂わされてきたけど、後一巻で収束つくのか?

  • 前巻までは「男と勘違いしていた」という意味で純粋な百合とは言えなかったわけで、
    そういった意味ではこの巻は良い百合を示していたと思います!!

    そして、ニナの魅力がさらに引き出された巻だったように感じた!
    涙シーンから酔っ払いシーンまでととにかく色々な引き出しを開いてくれました!
    個人的に一番好きな描写はP.105のラストコマの服に鼻を近づけるシーン。
    このシーンは直接的な百合シーンではないんだけど、
    朱への想いを表現してるように想えてならないという想像のもとでは、破壊力絶大な百合コマなわけですよ、あのコマは!!w

    ちょっとシリアスな展開が表に出てきたりと、最終的にどういう方向に物語が進むか分からない点も、
    良い感じに百合描写を引きたててるように感じたり。

  • 異国風百合漫画

    約一年越しの新刊。
    単行本派としてはあのラストシーンからの展開が気になる所。

全5件中 1 - 5件を表示

石見翔子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

flower・flower 2 (IDコミックス 百合姫コミックス)はこんなマンガです

ツイートする