水色エーテル (IDコミックス 百合姫コミックス)

著者 :
  • 一迅社
3.76
  • (4)
  • (8)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784758071550

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少女同士の切ない恋愛漫画が収録された短編集。
    嫉妬や悲しみ、独占欲、お互いのための別れ、歪んだ感情から吐く嘘―――。
    女子の怖さ、強さ、弱さがセンチメンタルに描かれており、とにかく切ないです。
    「甘いだけの百合じゃ物足りない!」という人には絶対にオススメ。


    7篇の中から1篇、あらすじを載せておきます。

    ★「嘘つきミルフィーユ」★
    千里は、クラスメートの葉子から「男子が苦手だ」という秘密を打ち明けられる。それ以来、常に自分と一緒に行動するようになった葉子に疑問を感じながらも、自分を慕ってくれる彼女への思いを日に日に募らせていく千里。しかしある日千里は、葉子が自分と一緒にいる本当の理由を知ってしまう―――



    少女・小夜と祖母・みつの会話から回想される、みつの学生時代の恋愛を描いた「この胸の花」も非常にオススメです。
    エス(=友達以上恋人未満の少女たちの関係)が根付いていた時代、エスからの一線を越えた少女たちの想いが描かれています。
    卒業後に結婚を控えた少女たちの、学生時代限定の恋人関係・・・切ないです・・・!


    欲を言えば、一篇一篇がもう少し長く、ボリュームがあれば・・・と思います。
    スルスル読めてしまうのもいいのですが、重く暗い内容が多いだけに、もっとずっしりとボリュームを持たせたら更に雰囲気を出せたのではないでしょうか。

  • 表紙に惹かれて買ったんだけれど、中身はもやっと暗い感じ。
    絵が安定していない(崩れてる)せいか、表情で魅せる場面がシラケる。狙っている方向は好きなので絵が上達したら読みたいです。

    そしてほとんどがアンハッピーエンドなのが、全体に漂う雰囲気の暗さとあいあまって鬱ルンです

  • 帯にあるように、どの話も哀しくて苦い所がある短編集。
    それが面白いと思えるところもあるし、無理に展開をおもたくしているように感じるところもあって話に入っていけない部分もあった。
    面白かったとはいえるけど、いっきに最初から最後までは読めなかった。

  • 百合姫コミック大賞受賞作家さんの作品。切ないお話が多かったけれど、絵柄が可愛いので全体的にふわっと綺麗な印象を受けました。男の子が登場するので、もっとリアリティに溢れていて生々しいのかなと思ったけれど、そういうこともなく、百合として楽しめる作品だと思いました。

  • 女の子同士の恋愛ストーリーの読切短編集。
    表紙の透き通った感じに惹かれて購入。
    内容には澄んでいるけど、どこか暗いような印象を受けました。
    女の子同士の恋愛の苦しいところ、つらいところ、切ないところ を集めたような。片想いとかが好きな人は好きかもしれない。
    私はストーリーなどはすごく好みだったのですが、少しわかりづらいところがあったのと絵柄の乱れなどで -★1
    でも全体的に表紙の絵柄とそう変わらないシンプルな絵で話は進んでいきます。
    深い絡みのない女の子同士の恋愛ストーリーです。

全5件中 1 - 5件を表示

水色エーテル (IDコミックス 百合姫コミックス)のその他の作品

黒霧操の作品

水色エーテル (IDコミックス 百合姫コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする