ヒカルセカイ (Yuri‐Hime Novel)

著者 : 雨降波近
制作 : タカハシ マコ 
  • 一迅社 (2013年7月18日発売)
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758072694

作品紹介・あらすじ

不幸の女神候補・ミレットは、神様になるために「不幸な人間に近づきさらに不幸にして殺す」という試練が与えられた。人間界に降り立ちターゲットに選んだのは、ガールズ・プログレバンドで活動する女子高生・彩乃。両親を亡くし日常も不幸なアクシデントばかりなのにおおらかな性格の彼女は、ミレットとの同居をすんなりOKし、ふたりの新たな生活が始まった。彩乃の高校にも転校!?し、バンドメンバーとも交流を深めるミレットは、いつしかこの日常が続くように、そして彩乃の幸福を望むようになるのだが…。一迅社文庫アイリス少女小説大賞応募作品を、大幅に加筆修正。期待の新鋭の百合ノベルデビュー作品。

ヒカルセカイ (Yuri‐Hime Novel)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 友人のプロデビュー作品がエロくないえっちさで良かった。
    この感想が適切か分からないけれど、一見不幸に思えてもこうだったら死んでいいなって思えた。
    特にライトノベルだと私が手放しで褒めることは少ないが、これは多くの人が読んだ方がいい。



    読みやすさとそーゆー経験なくてもここまで書けるのだと感動してる←

  • 友人のプロデビュー作品がエロくないえっちさで良かった。
    この感想が適切か分からないけれど、一見不幸に思えてもこうだったら死んでいいなって思えた。
    特にライトノベルだと私が手放しで褒めることは少ないが、これは多くの人が読んだ方がいい。



    読みやすさとそーゆー経験なくてもここまで書けるのだと感動してる←

全2件中 1 - 2件を表示

ヒカルセカイ (Yuri‐Hime Novel)はこんな本です

ツイートする