犬神さんと猫山さん (2)巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)

著者 :
  • 一迅社
4.43
  • (13)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 152
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758072793

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • -

  • 978-4-7580-7279-3 141+2p 2013.12.1 初版
    ◯学園モノの百合作品です キャラがいいですね

  • 【※百合注意】

     友人から借りた本を読みました。
     相変わらず、全力の犬神さんと、ツンデレ属性の猫山さん?
     イマイチ犬神さんがどうしたいのかわからないんですが、いや、全力で犬属性なので、猫山さんと仲良く出来てる現状は幸せなんだろうなあ……とは思うわけですが、そっから先に進みたいのかどうかはさっぱりわからない。
     まあ今は登場人物、がんがん増やしている段階だから、そこまで前進することないんだろうな……。
     一方の猫山さんは、犬神さんに振り回されっぱなしで、かなり可愛そうな感じになっていますが……まあ、それもかわいい……のかな?

     まあ、物語は大体四コマです。
     なので、あんまりストーリーといえるほどの内容は今のところ見当たりません。
     あるとすれば、女の子同士がいちゃいちゃしてるというくらいと、猿飛さんと鳥飼さんという新しいキャラクターが増えましたってことぐらいですかね。
     まあ、この二人もラブラブしてるんですけど、なんだかだんだん、独り身のあきちゃんがかわいそうになってきますよね……。

     でも個人的には、牛若さんの天然なのか、本気なのかわからないエロいところがいいなあと思ったりもします。

  • ますます、賑やか、彩り華やかになっていく、犬神さんと猫山さんのJKライフ
    くずしろ先生の画は線からして、えすとえむ先生のそれとは違うエロさを含んでいるからか、どの娘も可愛い
    新キャラの猿飛さん、鳥飼さんも、これまで出てきた娘に負けないクセの強さがあった
    しっかし、牛若さんは他の娘とは比較にならない、JKらしくない、大人の色気が全体と、ある一部から出過ぎですよ、まったくっ、もー
    一緒にいるとムラムラしちゃうJK・・・・・・一度、お目にかかりたいものである
    あとがきで、自己完結を迎えつつも、くずしろ先生は十二支全て出せるか、と不安になっている様子
    この作品のファンとしては、是非、コンプリートしてもらいたい
    個人的には、こんな設定を希望
    寅→;空手部で中堅を努める、八重歯と虎柄のバンダナがトレードマークの肉食女子(2年)、卯→背格好が杜松さんと大差が無い、常に震えている、絶対音感持ちのヴァイオリニスト(3年)、辰→眉目秀麗、烈火のごとき激しい気性の、生まれながらに女帝気質な、古流剣術部の主将も兼任する生徒会長様(2年)、巳→冷ややか過ぎる視線とジワジワ効いて来る毒舌で一部のコアなファンから人気を集める、牛若さんとは違ったタイプの大人っぽいエロさを醸すスレンダー副生徒会長様(2年)、午→遅刻や補習逃走の常習犯ながらも陸上部、中距離部門の期待のホープな、関西弁っ娘(1年)、未→いつも眠たげで、そのふっくらとした肢体と柔和な声で周囲を眠りに誘う手芸部部長(3年)、亥→野球部でキャッチャーを務める傍ら、商店街の大食いチャレンジを制覇し続ける、フードファイター(2年)
    え、いつもみたいに、この漫画の魅力を語らないのか?
    ―――・・・・・・どのカップルも見ていて、甘ったるい気分に浸れるってのが、この作品の魅力なんじゃないですかぁ?
    もう、犬神さんと猫山さんを初めとして、ラヴラヴ臭を放ちまくっているもんだから、リア充末永く爆発しろ!!って、喀血しながら叫びたい気分に襲わせてくれますから、ある意味、非リア充が読んだら大ダメージを被りかねない作品
    でも、好きだ、四コマ漫画好きとしても、百合漫画好きとしても、満足させてくれる、この『犬神さんと猫山さん』は!!

全5件中 1 - 5件を表示

くずしろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×