きみがぼくを照らす (IDコミックス gateauコミックス)

著者 : さがのひを
  • 一迅社 (2014年6月16日発売)
3.35
  • (2)
  • (6)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
  • 62人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784758073172

きみがぼくを照らす (IDコミックス gateauコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初読み作家さん。表題、リーマン・航×役者の卵・環。同時収録、リーマン・土屋×職業不明・ヒナ。綺麗な絵を書く作家さんですね♪ 2CPのお話が入ってますがどちらも可愛らしいです。土屋CPの方が好きかな… ヒナの元DV彼氏は最低だったけど、土屋がちゃんと心も体も救いだしてくれて良かった… 寂しがりなヒナだけどもう大丈夫なんだろうね❤

  • 『きみが〜』若手俳優の環は不採用続きだったオーディションで初めて主役に選ばれ、同棲中の航も係長に昇進した。順調かに思われたのも束の間…突然、主役から降ろされてしまった。そのまま誕生日を迎えてしまい、不安が口からこぼれ出す。。
    DKの時に航から告白して付き合った二人が、一緒に夢を追いかけていく様がピュアです!ラブラブです!!そして航の彼氏力半端ねぇ(*°∀°)=3カッコイイけどデレデレなとこスキ♡

    環は頑張って役者としてやっていけるまでになって。人目につく仕事だからゲイだとバレるわけにはいかないと航は悩んでしまうんだけど…環は絶対諦めない子だから、航の手を引いて実家に帰るところなんて素敵だったな。。末永くお幸せに!♡

    『となりに〜』依存体質のヒナは彼氏に暴力をふるわれ閉めだされた所で、お隣さんの土屋と出会う。部屋の壁が薄いのでヒナがゲイなのを知っていたが、他人に興味のなかった土屋は気にすることなく手当てをして帰してあげた。何度ケガしても彼氏の元に帰るヒナに苛立ちつつも気になってしまい…最後はハピエンなんだけど土屋がDTとか拗らせすぎだろww 個人的にヒナがあまり好きじゃなくて、さして萌えなかった。裏表紙のイラストみたく、土屋は文学的でせめて欲しかったかも?笑

  • 表題作は短いながらもすごく話がまとまっていて、お互いがお互いを思う気持ちの葛藤がよかったです(*´ω`*) もうひとつのお話も、人を好きになるってこうも人を変えるんだなって思わせてくれるお話でよかったです!

  • びーえるってファンタジー!

  • きゅんきゅんした。リーマン役者カプ好き〜。末長くラブラブしてほしい。

全5件中 1 - 5件を表示

きみがぼくを照らす (IDコミックス gateauコミックス)のその他の作品

さがのひをの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

きみがぼくを照らす (IDコミックス gateauコミックス)はこんなマンガです

ツイートする