愛を知っている (gateauコミックス)

  • 一迅社
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784758076876

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伏線がすごい。絵と内容にギャップあり。マニア向けのデビュー作。

  • ▼あらすじ

    「綾織忍は愛に飢えていた――」

    遠野十彦(ルビ:とおのとおひこ)はある日、自宅の前で一人の少年を拾った。
    少年・綾織忍(ルビ:あやおりしのぶ)は遠野の勤める学校の生徒で、教師たちの覚えもいい優等生。
    けれど、遠野の前ではいたずらな一面を見せる愛に飢えた、ただの少年だった。

    段々と絆されていく遠野だったが、
    綾織の制服の下にある無数の傷跡に気づいてしまい…
    ヘンリエッタ衝撃のデビュー作!

    ***

    ★3.5
    丸々一冊表題作。思っていたよりもずっと重たくて暗いお話でした。
    最後こそハッピーエンドですが、途中でバッドエンドを覚悟したくらいです。
    (しかも私が大の苦手とする心中エンド。)
    此方がデビュー作という事なのである程度は仕方ないのかもしれませんが、
    あえてハッキリと言わせていただきます。辛口ですみません。

    まず、こういうお話が描きたい!という作者さんの意思みたいなものは
    ぼんやりと伝わって来たのですが、伝わって来たのはそれだけで、
    イマイチ心に刺さりませんでした。
    おそらく、問題はストーリーの薄っぺらさでしょう。
    正直、雰囲気だけで成り立ってるようなお話だなと私は思いました。

    儚げな印象の美少年である受けに誰にも言えない秘密があるという点、
    それが犯罪に関わる事だという意外性は良かったと思います。
    ただ、問題は受けよりも攻めの方で、受けと心中してもいいと覚悟するほど
    相手に入れ込む理由が私には全く分かりませんでした。
    ただ、自分に懐いてて可愛いって理由だけで普通そこまでいくか…?と。
    攻めの行動や言動はただただ「どうして?」と首をひねるような部分が多く、
    個人的にかなり引っ掛かりを覚えました。

    まぁ、単純に描写不足な部分が多過ぎてストーリー自体に説得力がないんですよね。
    正直、描きたい部分だけ描いてるって感じで大事な部分をすっ飛ばしてるように思いました。
    絵柄は可愛いんだけどちょいちょいデッサンが狂ってるのが気になるし、
    ドシリアスな雰囲気の中に突然ブチ込まれるコミカルなシーンのせいで
    作品の空気感も酷くアンバランスなものになっちゃってて読後感も何とも言えず微妙だし。

    決して良い部分が無い訳じゃないのに、悪い部分ばかりが
    目立ってしまっているせいで作品全体の評価が下がっているといった印象でした。
    まだデビュー仕立てとの事ですので、まずはもう少し絵柄を安定させて
    次はもう少し説得力のあるストーリーの作品を生み出してほしいです。

全2件中 1 - 2件を表示

愛を知っている (gateauコミックス)のその他の作品

ヘンリエッタの作品

ツイートする