皇帝つき女官は花嫁として望まれ中 (一迅社文庫アイリス)

著者 :
  • 一迅社
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758090551

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もふもふ……。
    最初、皇帝が相手だと思ったので、ん? とはなった。生まれ変わる前に何があってどんな感情だったのかがあまり書かれていないせいか、微妙に萌えられない。

    皇帝陛下にスポットライトが当たった瞬間が、私の一番の萌えポイントだった。

  • 貴族令嬢として生まれた彼女だが、前世の記憶は他人に話せないもので……。皇帝にではなく、皇帝つき騎士に望まれ中です。軽いラブコメとして楽しめました。

  • 前世騎士として仕えていた国の皇帝(当時は皇子)に、今世では別の国に立場からまた仕えることになって……。
    という事なら、皇帝との関係が取り沙汰されそうだがそうでもなく。
    前世での関係性に関する心理的な描写が薄く、今世でも再び会えて良かった感があまり無く。
    色々と設定を詰め込んで文章が認められているので、キャラクターに感情的に寄り添えず終わったイメージ。
    印象に残ったのは、時々笑いそうになる皇帝の言動くらいだろうか。

    設定は面白かったが、もう少し読者がついていけるスピードで表現して欲しかったかも。

全3件中 1 - 3件を表示

佐槻奏多の作品

ツイートする