指輪の選んだ婚約者5 蜜月の騎士と不機嫌な公子様 (アイリスNEO)

著者 :
  • 一迅社
4.18
  • (5)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758091510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • フェリクスとルナ・マーレの姉弟のやり取りが笑える。今回はユールの出番がほとんどなかったので、2人の掛け合いが見られなくて残念とか思ってたけど、この姉弟の会話もなかなか。
    今回の事件の中心は生まれたばかりの赤ちゃんです。
    正直純真無垢な赤ちゃんが悪意の標的にされ、気分の良い話ではありませんでしたが、アウローラの原始の魔女としての力がハッキリと証明された進展のある一冊。
    謎の魔術師⁇も登場し、物語も少しだけシリアス展開な予感。

    ところで今回はフェリクスさんの印象少し薄かったかな〜。確かに1番大事なところは持っていきましたが、どちらかというとフェリクスの魔力を込めた指輪がいい仕事したなーという感じ。
    蜜月の騎士、どうした。

  • 新婚編に突入。髪を切ったフェル様いいなー。甥にあたる公子様が狙われる事件勃発。それはほっておくわけにいかないよね… 実行犯につながる話を聞いて氷点下なフェル様。新婚さんのふたりの時間を奪われてしまったし仕方ないか。黒幕はまたしてもあの人。強力な後ろ盾を得ることになったところで、若夫人の大仕事はひと段落。原始の魔女はまだまだ狙われる。

  • ローラとフェルのラブラブっぷりが加速中。そんな印象の巻だった。今でもローラが自分の事を「刺繍が好きなだけの地味な女性」としか思っていないのがある意味すごい。そんなローラだから、フェルと一緒にいられるのかもしれない。
    普通の人である自分だけど、何かの役に立つなら頑張る。というローラは、近くにいたら友達になりたいくらいの人だと思う。まぁ、「普通」ではないけど。

  • 不穏…ですね。
    結婚して完結後の軽い後日談かと思いきや、今後の展開への助走?フラグ立て?終わらないのですね。

    フェリクスの姉で公爵家に嫁入りしたルナ·マーレの出産、泣き止まない赤子が何故かアウローラが抱き上げると…。

    全然解決した気分になりません。
    もっとまとまってから読めばよかったです。

全4件中 1 - 4件を表示

茉雪ゆえの作品

ツイートする