第七王子に生まれたけど、何すりゃいいの?2 (一迅社ノベルス)

  • 一迅社
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758092845

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これからもっと世界が広がっていきそうな展開なので、一巻とはまた違った一面の主人公が読めた今回よりも、もっと深いキャラクター性が読めそうで楽しみ。

  • 学園編。あまりとりえのない……といいつつ、新たな視点からのアイデアはある第七王子がこれから活躍するんだろーなと思います。もうちょっと読みたいです。

  • 身分を隠して学園に入学したライ。自分には吐出した才能はないと思っているライだけど、前世の記憶を活用したアイデアとそれを実現する力はとにかくすごい。周りを巻き込む力も。マリアやキュロスたちと一緒の時は、以前と変わらず子供らしいライだけど、学園にいると全く違う顔が見えるのは楽しい。騎士科に入学したライが、魔導士科をはじめ学園全体に影響を与えていきそうなのも。引きこもりだった子供時代とは違い、色々な人たちと関わっているライ。家族との関係は変わらないので、安心して色々なことに挑戦できているのかな。と思えるのも嬉しくなった。

  • 第七王子の身分を隠して学園編。

    脳筋クラスメートと魔法エンチャント有りでの対戦を模索したり、潰れかけ骨董店でアルバイトしたりの生活。

    番外編『レアンドラ·バルツァーは恋の重荷を背負いたい』公爵令嬢レアンドラ視点。

    ネット連載はとっくに追いこしてる。書籍だけで今後は進むのでしょうか?

全4件中 1 - 4件を表示

籠の中のうさぎの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×