エリート外交官は落ちこぼれ魔女をただひたすらに甘やかしたい (アイリスNEO)

著者 :
  • 一迅社
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758093026

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大商家の庶子であるカトリーンは家族から使用人以下の扱いをされていた。当たり前に魔法を使える国にいながら魔法を使えないことで蔑まれてもいた。そんな中、父親と同年代の変態伯爵との婚姻の話が。
    家族との決別を決意したカトリーンは友達のワイバーンと東の国へ旅立つ。
    たどり着いたハイランド帝国は魔法を使える人が珍しく、カトリーンには住みやすい国だった。
    カトリーンは親切な老夫妻の薬局で得意な魔法薬の調合を生かしてのんびりと暮らし始めるが。

    自分の出来ることをコツコツと、笑顔で頑張るカトリーンが周囲を元気にしていく。
    もっとワイバーンのテテの活躍をみたかった気もするけれど、楽しかった。

  • 家族の温かさを知らずに育ったカトリーン。向う見ずなところはあるけれど、とにかく一生懸命で応援したくなる。フリージの正体(?)を知っても、利用しようなんて全く考えないところも好感がもてるし。自分の力で頑張るカトリーンに、フリージも惹かれたのかも。心の中で考えすぎて言葉が足りない上に、恋愛に関して鈍感な2人。すれ違いもありそうだけど、フリージがカトリーンのことを甘やかしたい!という気持ちはいつまでも変わらなそう。

  • 原作を読了。
    実家で庶子として冷遇されていた主人公が運命に導かれるかのように家を飛び出し、異国で幸せを掴む話。
    主人公がとても良い子で応援したくなる。
    周りの人達も良い人が多くて、ちょっとした事件があったりもするものの、全体的に優しい世界で癒される。

全3件中 1 - 3件を表示

三沢ケイの作品

エリート外交官は落ちこぼれ魔女をただひたすらに甘やかしたい (アイリスNEO)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×