孤高の追放聖女は氷の騎士に断罪されたい -魔物まみれの溺愛生活はじめました- (一迅社文庫アイリス)

著者 :
  • 一迅社
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758094061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵と可愛い魔物いっぱい♡の帯と溺愛の文字につられて購入したが、やはり失敗だった…。文庫で良かった。前作のぼっち令嬢の感想があったから悩んだんだが…やはり自分には向いていないようだ。ラノベ読み初めやライトな読者なら楽しめるのか?私はもうヒロインの思考の矛盾っぷりにイライラして好感が持てないし、ヒーローのポテンシャルは認めるがヘタレ過ぎてなぁ。どっちにも言える事はもっと喋れよ、と。ヒーローの一目惚れに近い好意はわかるが、ヒロインの好意は思考の矛盾もあり、よくわからんかった。パウロ師の事はヒロインのせいじゃないってわかっても、ウジウジ自分のせいだとか言う所も本当にイライラしたしね。そういう思考の人が行動出来たりするかな?砦での生活が変えたというのなら、そういう思考にはもうならないはずでは?読了が大変だった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

藍川竜樹(あいかわ・たつき)
兵庫県出身。2011年度ロマン大賞を受賞した『ひみつの陰陽師』で作家デビュー。
著書に『龍仁庵のおもてなし 龍神様と捨て猫カフェはじめました』(三交社)、『孤高のぼっち令嬢は初恋王子にふられたい―呪いまみれの契約婚約はじめました―』(一迅社)などがある。

「2021年 『古器旧物保存方つくも神蒐集録 ~わけあって交渉人の助手になりました~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藍川竜樹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×