発表が楽しくなる! 研究者の劇的プレゼン術〜見てくれスライド論&よってらっしゃいポスター論と聴衆の心をつかむ講演技術

著者 :
  • 羊土社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758108140

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなか勉強になった。 具体例が多くて良かった。

  • 「インパクトあるスライドのつくりかた」とか「TEDのようなプレゼン」といったものではなく、
    とにかく分かりやすくつくることを勧めています。
    科学系プレゼンはそこにつきると僕は思っているので、読んでいて納得の一冊でした。
    プレゼンの心構えがしっかりと身につけたい人向けの本。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50099134

  • 【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 407||HO
    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=163688

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784758108140

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 407@H104@1
    Book ID : 80100456103

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002352806&CON_LNG=JPN&

  • 1分につき1枚の割合のスライド
    喋らないことはスライドに盛り込まない、スライドにないことはしゃべらない。
    質疑応答に王道なし。
    ディスカッションする技術を磨くにはディスカッションするしかない。

全9件中 1 - 9件を表示
ツイートする