血液ガス・酸塩基平衡に強くなる〜数値をすばやく読み解くワザと輸液療法の要点がケース演習で身につく

著者 : 白髪宏司
  • 羊土社 (2013年3月27日発売)
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758117357

血液ガス・酸塩基平衡に強くなる〜数値をすばやく読み解くワザと輸液療法の要点がケース演習で身につくの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • WF141

    第1部 知らなければならない基本事項
    1. 血液ガスの評価を即断できる「7アクション」と「ペア解析」とは?
     1 血清Na,Cl,Kを読む
     2 pHについて
     3 pHを決める2大因子[HCO3-]とPCO2
     4 「7アクション」:どの症例も1→7の順に評価しましょう
     5 「ペア解析」:データを比較して異常の有無をみてみましょう
     6 水・電解質と血ガスをつなぐのは,ClとK
    2. 異常を感じ取る直感ポイントと基本となる重点事項-必ず役立つ,実用的な事項の総まとめ
     1 異常を感じる“直感ポイント”
     2 血液ガス分析の基本事項
     3 各種のギャップについて
     4 代償機構について
     5 混合性酸塩基平衡障害の推定
    3. 血液ガスの生データからみえること-7アクションの根拠をデータでみてみよう
     1 Na-Clの解析(アクション1)からみえること
     2 極端な異常値の頻度の実態
     3 pH,K,PCO2,[HCO3-]の比較(アクション2,3,4)からみえること
     4 解析結果全体からわかること
     5 Na値とCl値の傾向
    第2部 実践トレーニング
    Step 1 入門編 まずマスターしたい基本ケース
    Step 2 初級編 必ず身に付けたい! よく出合うケース
    Step 3 中級編 見逃せない! 重要なケース
    Step 4 上級編 複雑な解析が必要なケース

  • 2015年8月新着

  • 北里大学医学図書館OPACへ
    http://saosrv.kitasato-u.ac.jp/webopac/newexe.do?pkey=BB10112437

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

血液ガス・酸塩基平衡に強くなる〜数値をすばやく読み解くワザと輸液療法の要点がケース演習で身につくを本棚に登録しているひと

ツイートする