研修医になったら必ず読んでください。〜診療の基本と必須手技、臨床的思考法からプレゼン術まで

  • 羊土社
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758117487

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • WB100
    『必ず』読む必要はないが初期研修医にとって基本的におさえておきたい事柄がよくまとまっている
    初期研修最初の1ヵ月あたりで通読しておきたい
    「研修医になったら『まず』読んでください」のほうがタイトルとして良いのではないか

    第1章 心構え
    第2章 臨床力;EBM、臨床的判断、コミュニケーション、問診・診察、基本的手技、抗菌薬使用の原則
    第3章 プレゼン;症例プレゼンテーション、学会発表の基本

    この本を導入としてさらに理解を深めるために他書を読むとよい
    EBM;「やさしいエビデンスの読み方・使い方」
    臨床的判断;「誰も教えてくれなかった診断学」
    問診・診察;「ベイツ診察法」、「マクギーの身体診断学」、
    抗菌薬使用の原則;「レジデントのための感染症診療マニュアル」
    プレゼン;「米国式~劇的に上手くなる方法」 など

  • ウンウン、今はここまで手とり足取り教えてくれるのか〜。いいなあ、と思う反面に、どうやって研修医の意欲を引き出すのだろう?ここまで与えられてしまって目の前にいるオーベンとの交流がなくなっていかないか、が心配になった。

  • 12月新着

  • 北里大学医学図書館OPACへ
    http://saosrv.kitasato-u.ac.jp/webopac/newexe.do?pkey=BB10114075

全5件中 1 - 5件を表示

岸本暢将の作品

研修医になったら必ず読んでください。〜診療の基本と必須手技、臨床的思考法からプレゼン術までに関連するまとめ

ツイートする