類似薬の使い分け 改訂版〜症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる

制作 : 藤村 昭夫 
  • 羊土社 (2014年8月5日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758117531

作品紹介・あらすじ

薬の使い分けが難しい17疾患の類似薬を比較しながら解説。それぞれの薬の特徴と、症状に合わせた使い分けがよくわかる!各疾患の薬をまとめた分類図で、類似薬が一目でわかる!豊富な症例から具体的な処方も学べて、理解しやすい!

類似薬の使い分け 改訂版〜症状に合った薬の選び方とその根拠がわかるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • WB330

    薬の使い分けについて全く知識がない時のとっかかりとして
    はじめて薬を処方する際には参考になるだろう

    以下出版社webから転載;
    『よく出会う疾患別に,類似薬の特徴と使い方の違いを比較して解説.類似薬が一覧できる分類図や豊富な症例も掲載』

    全17章;降圧薬、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、抗炎症薬、気管支拡張薬、鎮咳薬、皮膚疾患治療薬、抗菌薬、睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬、認知症治療薬、抗てんかん薬、骨粗鬆症治療薬、

    正直本書はかなりざっくりな内容である。これを読んだだけで本書で扱っている全ての薬について適切に処方できるようになるわけがない。臨床現場での使い方について、さらに詳しく知りたい場合は領域別で書かれている中外医学社の『〇〇薬の考え方・使い方』シリーズなど読むとよいだろう。

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 499.1@F100@1(2)
    Book ID : 80100469094

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002412415&CON_LNG=JPN&

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする