Dr.竜馬のやさしくわかる集中治療 循環・呼吸編〜内科疾患の重症化対応に自信がつく!

著者 :
  • 羊土社
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758117845

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2階書架 : WX218/TAN : 3410161335

  • WB106

    病態生理からやさしく解説。基本的な治療法を解説し、ICUでの基本を理解できる。最初はだれでもICU治療に苦手意識あると思うが、本書を読んで一歩を踏み出そう。学生や看護師にもおすすめ。

    Ⅰ循環;
    敗血症性ショック:治療の原則、カテコラミン、中心静脈カテーテル、EGDT、
    肺塞栓:診断、鑑別、massive PE、
    高血圧緊急症:機序、治療、A-line、子癇前症
    Ⅱ呼吸;
    気道管理:適応、準備、手技、筋弛緩薬、挿管困難の対応、
    COPD急性増悪:病態生理、治療、NPPVの設定・評価、
    重症肺炎・ARDS:診断、治療、人工呼吸設定・離脱・モード

  • 北里大学医学図書館OPACへ
    http://saosrv.kitasato-u.ac.jp/webopac/newexe.do?pkey=BB10137760

  • 対象は研修医、非集中治療医でしょうが、薬剤師にも有用な1冊だと思います。
    病態生理に基づいて解説してくれるので理解が深まります。1部、薬剤師に馴染みのない分野もありますが、ICU、HCUに関わっている方、一般病棟でも重症者に関わる方はこんな本を待っていた!という感じです。
    一般的な集中治療で使う薬の具体的な使い方を知りたい方は
    ICU/CCUの薬の考え方、使い方 ver.2
    http://www.chugaiigaku.jp/item/detail.php?id=1806
    こちらになります。

全6件中 1 - 6件を表示

田中竜馬の作品

ツイートする