理系のアナタが知っておきたいラボ生活の中身〜バイオ系の歩き方

著者 : 野地澄晴
  • 羊土社 (2012年4月20日発売)
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 22人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758120326

理系のアナタが知っておきたいラボ生活の中身〜バイオ系の歩き方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バイオ系研究のガイドブック。研究室にこれから配属される学部生に向けて書かれた本だと感じた。自分の専門はバイオとは少しずれるが、研究の進め方の部分は参考になった。

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB09078697

  • ラボの基本やマナー!
    新しくラボに配属された人はもちろん、いまさら誰かに聞けないなんて人にもオススメ

    理図書 460.7||N93 11898333

  • 実験方法については他にも良書があるが、研究テーマの立て方や研究者の心構えなど、学ぶべき点の多い本だった。また、有名な発見に関するコラムなどからも研究に関するTIPsを拾えるようになっている。
    研究を始める前に論文を書き上げるという「研究プロトコール」はぜひ実践したい。

  •  11月になりました。大学3年生の皆さんは、もう所属研究室はお決まりでしょうか。これから生命科学系の研究室に所属する3年生や、将来、生命科学系の研究者になろうか迷っている学生の皆さん、そして生命科学系の研究者がどんな仕事をしているのか少しでも興味を持っている皆さんに、この本をご紹介します。
     研究室も一つの社会です。そこには教授、研究員、学生など様々な立場の人がいて、その場所特有の理念やマナーが存在します。ある研究室がどんな研究成果を出しているのかは、研究室のWebサイトを見れば分かりますが、研究に対する理念やそれを具現化した研究室内のルールは、中に入ってみて初めて分かることも多いものです。そもそも研究スタイルにはどんなパターンが存在するのかを知っていないと、研究室を見学しに行っても、そこでの研究生活をイメージしにくいことがあります。
     この本では、プロの研究者になるとはどういうことか、から始まり、研究室で実際に研究を行うことについて非常に現実的な説明がなされています。現実的すぎて幻滅してしまう人もいるかもしれません。しかし研究室選択や進路選択のミスマッチを防ぐためにも、まずはこの本を読んで研究現場の一般的な実情を知り、その上で興味のある研究室を訪ねて、先生や先輩にたくさん質問してください。より深く、研究室の様子を知ることができるでしょう。皆さんの有意義な研究室生活を応援しています。
    (2013 ラーニング・アドバイザー/生命 AKIYAMA)

    ▼筑波大学附属図書館の所蔵情報はこちら
    http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1446548&lang=ja&charset=utf8

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 460.7@N101@1
    Book ID : 80100444946

全9件中 1 - 9件を表示

野地澄晴の作品

理系のアナタが知っておきたいラボ生活の中身〜バイオ系の歩き方はこんな本です

ツイートする