日本版救急蘇生ガイドライン2015に基づく 新生児蘇生法テキスト

制作 : 細野 茂春 
  • メジカルビュー社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758317320

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2階書架 : WQ450/SHI : 3410160258

  • 北里大学医学図書館OPACへ
    http://saosrv.kitasato-u.ac.jp/webopac/newexe.do?pkey=BB10139134

  • WS420
    NCPR講習会公式テキスト
    5年毎の改訂

    1章 新生児蘇生法とは —NCPRガイドライン作成と改訂の経緯
     新生児蘇生法(Neonatal Cardio-Pulmonary Resuscitation;NCPR)普及プロジェクト
     国際蘇生連絡委員会のConsensus 2015から日本版ガイドライン2015まで
     GRADEによるエビデンスの質と推奨レベルの評価
     Consensus 2015に基づく日本版新生児蘇生法ガイドライン2015の主な改正点

    2章 新生児蘇生法の実際(基本編)
     新生児蘇生法に必要な基礎知識
     新生児蘇生法の対象
     NCPRのアルゴリズム
     新生児蘇生
      STEP 1:出生直後の児の状態評価
      STEP 2:ルーチンケア
      STEP 3:蘇生の初期処置
      STEP 4:蘇生の初期処置の効果の評価と次の処置
      STEP 5:人工呼吸
      STEP 6:人工呼吸の効果の評価と次の処置(胸骨圧迫)
      STEP 7:薬物投与
      STEP 8:呼吸障害の安定化
      STEP 9:蘇生後のケア

    3章 新生児蘇生法アドバンス
     気管挿管
     早産児の蘇生
     新生児蘇生に関するその他の推奨

    4章 新生児蘇生法をより活用するために
     新生児蘇生におけるチームワーク
     NCPRにおける継続学習と実践トレーニング(On the Job Training;OJT)の必要性

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする