熾火

著者 : 東直己
  • 角川春樹事務所 (2004年6月発売)
3.33
  • (1)
  • (9)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
  • 59人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758410304

熾火の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 警察の不祥事に巻き込まれた探偵。
    裏金作り、婦女暴行、殺人。
    文章がくどい。説明が長い。
    車の商品名を書かれてもイメージできない。
    知り合いの女性が監禁される。解決は偶然。路地を歩いて怪しいシャッターを開けることから結末へ。
    汚職は解決されず、謎解きもされない。
    「私たちこれからどうなるのかしら」といった感じ。
    モヤモヤする。読後感は良くない。

  • 初っ端から重い内容。
    そして姉川の誘拐。

    でも内容というよりは犯人に至るまでが
    モヤモヤし過ぎていて、読み終わってもスッキリせず。

    玉木さん、大丈夫かね?

  • もう少し軽めの内容であって欲しかった・・ いつもにも増しての残虐さに一瞬読んだことを後悔しそうになったし、それは最後の平和な描写にも淘汰されなかった。

  • 「駆けてきた少女」「ススキノハーフボイルド」とリンクする話。犯人達が胸糞悪すぎて気分悪い。畝原探偵シリーズは初めて読んだけど、ちゃんと読んでみようかな。

  • 畝原探偵シリーズ4作目。

    先の「ススキノ、ハーフボイルド」、便利屋シリーズの「駆けてきた少女」とリンクしているとのことだったが、舞台が多少重なるだけのことで、まぁ単独でも読めそう。先の2作は道警の腐敗、柏木に対して結局敗北に終わっていたわけだけれども、今作でとりあえずの決着を見せた、というところか。ただ、3作とも中盤まではどんどん裾野を広げていく割には、終盤の終盤になっていきなり収束、というパターンで終わるので、何だか尻切れトンボの感が否めない。今作だけを読む人にしたら、いきなり「カシワギ」が出てきても、え?って感じで終わるんじゃないだろうか。

  • 余り面白くなかった。気に入る登場人物が居ない。読むのが苦痛だった。

  • ・・・これはきつい。
    これはあまりにも、読むのがきつい。

    今回も不愉快な人間はたくさん登場。不愉快どころではなく、イッテしまっている。警察のとんでもなさもパワーアップ。

    事件が衝撃的だが、結末は??
    少女はなんだったの?(想像はできるが)、拉致された女性が見つかった経緯もなんだか突然。元警官が射殺しても大丈夫なの?とか、なんか大きな力にはあやふやに終わるしかないんですよ・・・という感じで終了。

    いやな事件だった。読み終わってへとへと。

  • 北海道警に対しての怒りはこの作者が書き続けているものなので、それは判る。
    が、それにしても道警に焦点が当たりすぎていて、犯人グループの出現やネットでの繋がりなどがやや唐突に感じられた。
    犯人側と道警の癒着も伏線はあるものの唐突。
    もう少し犯人側の描写にページを割いて欲しかった。
    畝原もかっこいいけど玉木もかっこいいよ!

  • 北海道の新聞社に勤務していた畦原、警察内部の不正を追っていたときに嵌められて新聞社を退職し私立探偵をしている。依頼でライブに行った帰りに7歳くらいの満身創痍の女の子を保護する。
    <br>警察内部の腐敗、信用ならないもの。警察OBや仲間の協力で権力と闘う。

全10件中 1 - 10件を表示

熾火のその他の作品

熾火 (ハルキ文庫) 文庫 熾火 (ハルキ文庫) 東直己

東直己の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする