ゼウスの檻

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.36
  • (3)
  • (13)
  • (23)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 101
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758410403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テロの標的になった木星を守るお話。
    と見せかけて問題は性にまつわるお話。

    モノラルとラウンド。
    広義で区切っても、最小単位である個人の集まり。
    ラウンドが実際に居たら、確かに気になるしビビると思う。

    火星ダークバラードと同じ世界なのかと思っていたら、あとがきで否定されていました。

  • はるか昔読んだ両性具有者を取り扱った小説。
    本を読む事が苦手だったあの頃にしては興味を持って読破できていたもの。

    表紙も素敵。

  • 地元在住の作家さんだったのかあ。
    SFとジェンダーの問題をテーマにした作品。
    エンターテインメント性にはあまり期待しないほうが良いが、自分とは違う者達とどう関わって行くのかを考えさせられる。
    ただし、火遊びしちゃったハーディングには同情の余地なし( ー`дー´)キリッ

  • 惜しい!
    扱うテーマが大きすぎてページ数が足りてない気がします。
    テロリストから木星のコロニーを守る話、
    と云うだけでかなり大きな話なのに、
    300頁じゃそりゃ説明だらけになってしまいます…。
    なので、上田作品の魅力の一つである
    登場人物の細やかな描写や、其処から伝わる
    人物の魅力が半減してしまっていて、
    どの人物にも移入できない。
    でもって、パキッとした繊細な文体も、
    説明文に押されてしまって際立っていないのが
    本当に残念です…。
    でも、全体的には面白かったです。
    (ハーディングとウェリタスが若干ラブコメっぽい…)

    ジェンダーを扱う割には、
    ドロドロとした個人の関係描写が少なくさばさばしている気がします。
    女性がジェンダーを扱う作品てゲンナリしがちなのですが、
    この作品はそういう「どっちが得してるのか」的な
    苛々させる思惑が感じられないので読みやすかったです。

    娯楽小説は読了後「面白かったな~」で済めば良いと
    思うのですが、これは後々まで色々考えてしまいます。そう云う点も評価できる作品だとは思いますが、
    …もっと長くても良かったんじゃないかな…。

  • ラウンド

    未知なるものにはどうしても惹かれるのか

    面白かった

  • 性別をなくしたら、争いは減るのではないか?という期待は結局半分裏切られた感じでしょうか。
    キリスト教原理主義と進化論・中絶の問題なんかも作者の頭の中には合ったのでしょう。しかしそれを遙かに上回るスケールには圧倒・困惑しました。

    いろんな意味で問題作だと思います。

  • 幾つか読んだ上田作品の中で、今の所この作品が一番面白く好きです。医術が劇的に進化した世の中でもたらされる人類のジェンダー・セクシュアリティの諸問題が、こんなにも複雑化するとは、考えれば考えるほど迷路に迷い込むようでした。そこに合わせて起こるテロの息も付かせぬアクションシーンと、登場人物たちそれぞれの背負う人生も読み応えありました。SFに慣れない私でもメカや科学技術が想像しにくいものでなく入り易かったです。

  • 科学的、且つ日常生活的な意味で性に正面から向き合ったテーマ性と、SF的エンターテイメント性が両立した作品。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/9687175.html

  • 対テロリストのどたばた劇かと思ったら、性とジェンダーに関する話だった。説明が多く、あまり物語に入り込めなかった。

  • 男でもあり女でもある第3の性をもつ人種のいる世界。
    もっと生々しくなってしまいそうなのに、そうならず話が進んで行ったので読みやすい。
    どっちの側がいいんだろうか、難しいところ。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。2003年『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し、デビュー。2011年『華竜の宮』で第32回日本SF大賞を受賞。同作は「SFが読みたい! 2011年版」国内篇第1位に選ばれ、『魚舟・獣舟』『リリエンタールの末裔』の各表題作、『華竜の宮』の姉妹編『深紅の碑文』と合わせて《Ocean Chronicleシリーズ》と呼ばれ、読者からの熱い支持を集めている。近著に『妖怪探偵・百目』シリーズ、『薫香のカナピウム』など。

上田早夕里の作品

ツイートする