心のかけら

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758410519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 温かいぬくもりの中で幸せを感じたかっただけなのに、心に正直に生きているだけなのに、
    結果、傷ついて、しかし、明生を愛している気持ちを嘘だと思いたくなく、一生懸命に包み込もうとする。
    そんな、主人公・比沙子が哀しく、いじらしい。
    もう駄目なんだと、心の中ではわかっているのに、相手に対しても断ち切る宣言までしてしまったのに、それでも、まだ、望みを捨てきれないでいる。
    人間って、一人は嫌だし、弱い生き物なんだなぁと考えさせられた。
    最後に、明生が比沙子に対して、感謝の気持ちを持っていたことだけが救いであった。

  • 自分が傷付きたくないがために相手を傷つけていく秋生。そんな男と知らずに愛してしまい、深く傷つけられて、それでもなお愛し、秋生の幸せを願う主人公。未来はわからない。でも、生きることは喜びであると信じて。

  • 夜に読み始めたら、心がずんと暗くなって、眠れなくなってしまいました。でも、最後まで読んだら、ちゃんと心も落ち着きました。人の心って、ぐちゃぐちゃし始めたら、どこまでもぐちゃぐちゃしていってしまう。自分にもそういうときがあったなぁ、と思いながら読みました。
    [2005.06.12]

全3件中 1 - 3件を表示

広谷鏡子の作品

ツイートする