花水木―東京湾臨海署安積班

著者 : 今野敏
  • 角川春樹事務所 (2007年9月発売)
3.61
  • (14)
  • (22)
  • (37)
  • (2)
  • (1)
  • 127人登録
  • 22レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758410892

花水木―東京湾臨海署安積班の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鳥取市立中央図書館より。
    --
    安積班シリーズの短編集。
    ストーリーの中心は事件と捜査だが、安積を取り巻く人々について深い考察がなされる。
    味はひ深い作品である。

  • 読了後すぐにレビューを書けなくて、「はて?どんなお話だったか・・・」と考え込んでしまった(^_^;)
    短編集、でした。
    大橋さんって、どの時点でいなくなったのですか?
    このシリーズ、時系列を追って読めていない(@_@)

  • 短編集。「薔薇の色」が印象に残った。

  • 安積班の短編集。

    さくっと読めておもしろかったです。
    事件ものというより、安積班メンバーの心情が書かれていたように思います。

  • 安積警部補シリーズ。短編が5つ。まあまあ面白い。

  • 短編になるのかな?読みやすかった~!
    花水木と薔薇の色がおもしろかった!

  • 事件モノだけじゃなく酒の席での雑談的な話が入っていて
    しかもそれが息抜き的な位置付けじゃなかったのが面白かった。
    描いてる『人間』がたまたま『警察官』だったというスタンスが読んでて心地いい。

  • ありそうでないような偶然が起こる事件もの。

    個人的には、3話目の薔薇の色がお気に入り。
    主人公の安積係長の名推理が爽快な感じ。

    シリーズものっぽいので他も読んでみたい。

  • 安積班

  • (収録作品)花水木/入梅/薔薇の色/月齢/聖夜
    .

全22件中 1 - 10件を表示

花水木―東京湾臨海署安積班のその他の作品

今野敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする