巡査の休日

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.41
  • (14)
  • (77)
  • (93)
  • (18)
  • (2)
本棚登録 : 460
レビュー : 70
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758411455

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いまいちでした。

  • 北海道の警察。ストーカーが逃げる。
    よさこいソーラン。

  • 真犯人は度々場面に上がったので怪しかった。
    男から被害を受けた女性なのに、一方は緊張感がなく、一方は悲壮感さえ漂う。
    どこでどう間違えたのか。たらればを言えばキリはない。警察も人間だから間違いもある。それでも完全を目指してほしい。

  • 神奈川県で現金輸送車の強盗事件が発生し、犯人の一人に鎌田光也の名が挙がった。鎌田は一年前、ストーカー行為をしていた村瀬香里のアパートに不法侵入したところを小島百合巡査に発砲され、現行犯逮捕された。だが、入院中に脱走し指名手配されたまま一年が経ってしまったのだ。
    __________

    いろいろと伏線があり、
    結末に期待したけれど、あっさりとして展開だった。
    意外性はあったけれど、あまり納得のいかない感じ。
    そしてタイトルと中身のギャップがあるような…。
    初めて読んだ佐々木作品だったけれど
    もっと他のも読んでみよう。

  • 北海道よさこいが舞台だったので期待したが・・・・

  • 主役ではないのですが、小島巡査が一番「刑事としての勘」が働くのかな、と思いました。シリーズの中では面白い方でした。

  • 2010/04/05

    北海道警シリーズ第4弾。前3作までに比べると、いささか見劣りする。
    次回作に期待したい。

著者プロフィール

一九五〇年三月、北海道生まれ。七九年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。九〇年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。二〇〇二年『武揚伝』で新田次郎文学賞を、一〇年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する。他に『ベルリン飛行指令』『疾駆する夢』『昭南島に蘭ありや』『警官の血』『代官山コールドケース』『獅子の城塞』『犬の掟』など著書多数。

「2017年 『武揚伝 決定版(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

巡査の休日のその他の作品

佐々木譲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 譲
東野 圭吾
東野 圭吾
村上 春樹
池井戸 潤
今野 敏
佐々木 譲
伊坂 幸太郎
佐々木 譲
貴志 祐介
村上 春樹
池井戸 潤
佐々木 譲
佐々木 譲
佐々木 譲
東野 圭吾
高野 和明
佐々木 譲
佐々木 譲
伊坂 幸太郎
真保 裕一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする